インターン先での懇親会や飲み会のコツを伝授 懇親会が苦手でも大丈夫

インターン先での懇親会や飲み会のコツを伝授 懇親会が苦手でも大丈夫

インターンのマナー

インターンシップに参加していると、食事会や懇親会が開かれることもあります。

普通に居酒屋での飲み会であったり、会場でのパーティー形式であったり。お酒が苦手な学生、話すのが苦手な学生など、懇親会が苦手な就活生もいますよね。

今回は、インターンの懇親会で好印象を与えるコツを解説します。

インターンの懇親会でもチェックは入っている

インターンは企業にとっては、将来の人材獲得のための機会のひとつと考えています。

当然、インターンでの職場の就業態度とあわせて懇親会の席でも学生の印象を見ています。

それは、減点をするつもりで見ているのではなく、普段仕事では見られない振る舞いを見ています。緊張する必要はありません、記載する注意点をおさえて、普段どおりに振舞えれば良い印象を与えることができます。

気をつけることは、お酒を飲みすぎないことです。お酒を飲みすぎると、思わぬ失敗をしてしまうこともあります。
そして、端っこで一人でいたり、同じインターン生とばかり話すのはNGです。

せっかくの機会なので人脈を作る意味でも、恥ずかしがらずに積極的に多くの社員と話すと良いでしょう。

次に、周囲に気を使うことです。社会にでれば、お客様や上司など立場の違い人たちとの会食をします。

そのTPOにあわせて、振舞うことが要求されます。わずらわしく感じるかもしれませんが、上位の方が手を付けるまで料理に手を付けない、飲み物が少なくなっていたらお酒を注ぐ、食べ物を取り分ける、料理の注文や簡単な片付けなど・・・でも、それができなくても大丈夫です。

学生に完璧なマナーを求めていません。率先して動く気持ちを評価しています。

ケースによっては、社会人の方が学生をお客様扱いしてくれる場合もあります。

その際は、役目を奪ってまでやろうとはせず、しっかりとお礼を言いましょう。

 

お酒が飲めない、気遣いが苦手

とはえい、懇親会が苦手な方もいますよね。お酒が苦手だったり、気を遣うのになれてなかったり。

その対処法を説明します。

 

お酒が苦手なのに勧められる

昔は「俺の酒が飲めないのか!」みたいなことはありましたが、最近では「体質的にお酒が飲めない人がいる」ということは理解されています。

苦手な方は「体質的にお酒を受付けない、体調が悪くなる」と遠慮せずに、はっきり話しましょう。

 

気遣いが苦手

宴席での気遣いは、場数を踏んで慣れていくものです。最初はできなくて当たり前です。

まずは、完璧を求めず、周囲の飲み物減り具合を確認して、注いだり、注文したりすることだけに集中していくとよいでしょう。
姿勢を見せることからチャレンジしていけば、自然と身についてきます。


話すのが苦手

相手に、緊張している旨を伝えましょう、そして、話す姿勢を見せることが大切。

無理に面白い話をする必要はありません「この料理は●●ですね」でも良いです。

「緊張しているけど頑張っている」ことはポジティブな印象をもたれます。

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。