印象はヘアスタイルで決まる! インターンにふさわしいスタイルを徹底解説(男性編)

印象はヘアスタイルで決まる! インターンにふさわしいスタイルを徹底解説(男性編)

インターンのマナー

選考も通りいざインターンに参加する準備へ「髪型もこのままでOK」と思ってい男子学生に、学生では良くても社会ではNGな、思わぬ落とし穴があるかもしれません。そんな罠に落ちないように、男子学生向けにインターンに適したヘアスタイルとチェックポイントを解説します。

 

インターンで茶髪はOK? 黒髪との印象の違いとは

「茶髪や金髪はインターンの現場ではどうでしょうか?」 まだ学生だから大目に見てもらえるでしょうか?

インターンは社員と同じような仕事をします。その業務の中で、当然、お客様や社外の人と接触することもあります。つまり、インターン生でも、会社の一員として評価されます。TPOをわきまえていないと「あの会社は大丈夫?」と思われてしまい、インターン先の会社の信頼を損ねるかもしれません。

やはり、仕事は信用がなにより、インターンの現場でも、勤勉さや真面目さ、信頼感を与える黒髪が推奨されます。

「自分は実力があるので、目立つために個性的な髪色にする」というアスリートはいますよね。自信があるのは良いことですが、でも、インターンで「実力」といっても、スポーツのように分かりやすい結果が出るものではありません。特にご年配の社員が多い会社では、茶髪や金髪などを不快に感じる方もいることを忘れず心がけましょう。

 

長髪はOK? インターンでの髪型

オフィスで好感を持たれるのは、概して清潔感のあるスタイルです。就職活動に際してそろえるスーツや鞄、靴なども、言うなれば身だしなみを整え、清潔感を出すために用いるアイテムと言えるでしょう。
そして、清潔感を出すためには、髪型も重要になります。

まずは、長髪に関しては、いくらケアが行き届いているきれいな長髪でも、短髪の方が清潔感を出しやすい傾向にあります。そして、注意しなければならないのは「フケ」です。黒や紺のスーツを着るケースの多い男性は、かなり目立ちます。学生のときには気にもしなかったことですが意識をしておくとよいでしょう。

相手を良く知らない面接やインターンシップの場では、外見でその方のパーソナリティが判断されてしまいますので、服装同様に出来るだけ清潔感のあるヘアスタイルに整えておくことをおすすめします。

 

インターン生のパーマやワックス、どこまでOK?

髪の色と合わせてパーマも悩みですよね。パーマに関しては、自然に見えるかどうかが判断の基準です。清潔感があることはもちろんですが、一目でそれと分かる不自然なパーマはインターンシップでも悪目立ちしてしまう可能性があります。ただ、くせ毛などで日ごろから髪に悩みを抱えている方の場合は、パーマで自然な毛流れをつけておいた方が自然な印象を与えられることも考えられます。また、ワックスの愛用者は、インターンのときにはさじ加減を意識しておきましょう。髪をまとめる程度にとどめ、オーソドックスなヘアスタイルに整えるのがコツです。

 

インターンのためのヘアスタイル変更は一週間前にしよう

さて、ここまでで、髪型、髪色を変えてみよう・・・と思っているインターン生もいるかもしれません。
でも、新たしい髪形って落ち着かないですよね、鏡の前の自分自身の違和感みたいなものが気になったり、気になって朝のスタイリングに時間がかかってしまうこともあるかもしれませんし、髪型が決まらないと気分があがらないときもありますよね。

そんなときのために、ヘアスタイル変更は余裕を持って、インターンの始まる一週間前程度に行うといいでしょう。一週間もあれば、見慣れて、違和感も減ってきますし、自分なりに納得いくスタイリングもできると思います。

 


インターンで参考になるヘアスタイルは?

黒髪、短髪で清潔感を演出するのは分かったけれど、ヘアスタイルはいろいろあるよね・・・という場合に参考にするのは、まずはその会社の採用担当の社員を参考にしましょう。彼らは、その会社の一番コアな部分を表現しているといえます。採用担当者に自分のスタイルが合わない場合は、営業の社員を参考にしましょう。これも、会社の顔として働く人たちです。ただし、ベテラン営業マンはくせのある方もいるので、できれば営業の中で一番、堅めの社員のスタイルを参考にすると良いでしょう。

■初出勤の前にチェック インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。