就活と学閥の関係、採用が有利になったり不利になったりするの? 

就活と学閥の関係、採用が有利になったり不利になったりするの? 

企業研究の仕方

学閥が存在する企業があります。

では、就職活動や採用に学閥は関係するのでしょうか? 有利になったり不利になったりするのでしょうか?

学閥とはどういったものなのか、その意味と影響について解説していきます。

企業研究のひとつの見方として参考にしてみてください。

学閥とは?

「学閥」はある組織の中で、同じ学校の出身者にから構成される集団のことです。

学歴フィルターとは異なり、優秀な大学を卒業したとしても、組織にその大学の学閥が存在しない場合もあります。

有名なものは東京大学の赤門会や慶應義塾大学の三田会、早稲田大学の稲門会が該当します。

例えばキャリア官僚は東大閥が大部分を占めるという話は、まだ学閥主義が根強く残っている影響です。

企業の場合、特に歴史ある大企業、銀行、商社、公務員などでこの学閥が存在しています。

日本の主な学閥
■赤門閥
■鉄門閥
■凌霜閥
■三田閥
■三四閥
■桜門閥
■稲門閥
■白門閥
■茗渓閥
■如水閥

 

学閥があるかどうかの見分け方

学閥が存在するかどうか見分ける方法は様々ですが、ここでは簡単な方法を2つあげたいと思います。

1.歴代の取締役を見る

ひとつはその企業の役員や取締役の出身大学を調べることです。

例えば三菱東京UFJ銀行は2社が合併し、2006年に設立しましたが、これまでの頭取は4人中3人が東大出身で残り1名が京大出身です。

また合併以前の東京三菱銀行も3人の頭取は全員東大(東京帝国大含む)出身でした。これを見るとかなり東大閥を重視していることがわかりますね。

2.企業の各大学からの採用実績を見る

そしてもうひとつは大学の採用実績を確認することです。
ここでは商社と金融業界の大学採用人数を見てみましょう。

就活と学閥の関係、採用が有利になったり不利になったりするの? 

就活と学閥の関係、採用が有利になったり不利になったりするの? 

就活と学閥の関係、採用が有利になったり不利になったりするの? 

 

 

 

(参考文献 サンデー毎日2016/8/7号)

 

上のランキングでは、早慶が上位にきています。

よく慶應は商社・金融に強いといわれますが、確かに上のランキングでも慶應生が多く採用されているようです。

このほかにも食品・メディア業界は早稲田大学が強いといわれたり、業界ごとで大きく変化します。

もちろん国立よりも私立のほうが学生数は多く、その分採用人数は多くなります。

ですがその大学の採用人数が多ければ、企業内でその大学の学閥が存在する可能性が高くなります。

また上のランキングでは、りそな銀行が関西の大学から多く採用しています。

これは本社が大阪にあることが関係しているでしょう。地方に本社を置く企業の中には、その地域の大学出身者を多く採用することがあります。

 

どうして学閥ができるのか

なぜ学閥ができるのでしょうか。

新入社員が優秀かどうかはすぐにわかるわけではありません。

人事も企業から成果を求められます。

ですので書類選考ではある程度学歴という目に見える指標で将来的に会社に貢献できそうな人を採用する必要があります。

さらに企業側は採用活動のために、説明会やパンフレット、広報などに対し多額の費用を投じなければなりません。

コストがかかる中でより優秀な学生を採用するために、高学歴の学生をターゲットにすることがより効率的な採用活動となります。

いわゆる「学歴フィルター」です。

また、学歴での判断ではなく、特定の大学の学生を多く採用している企業があります。

これは、経験則によるものです。

「この大学の学生は、社内で活躍している」という実態から、その大学の学生を優先的に採用しているケースがあります。

そのため同じ大学からの採用が続き、学閥が形成されてゆくのです。

 

学閥は入社後どう影響するのか

実際に入社して学閥を感じることがある人は一定数いるようです。

ではどのように影響してくるのでしょうか。

例えば三田会が存在する企業では、慶應出身者だけが集まるパーティーが行われることがあります。

違う部署や役職の高い社員と学閥を通して交流する機会はあります。

また、東大は、会社の垣根をこえて、同じ大学の集まりでイベントや交流会を開催しています。

そういったイベントは、役職ではなく同じ大学出身の社員というくくりであるため、共通の話題もあり、新入社員から役員まで様々な社員と交流することができます。

「人脈が広がる」という点は社会人にとって良いことです。

もちろん、それを活かせる能力がなければ、ただの飲み会に呼ばれた人にすぎません。

採用での学閥の影響

社員の出身大学のかたよりは確実にあります。

「学閥の影響はない」とはいえません。

しかし、企業は多様な人材を求めています。

そして、現代では、就活で採用担当者が重視するのは、学生の人柄です。

学歴や学閥の意味は、以前に比べて、うすれてきています。

自分の出身大学の社員が少ないから「不利」と気にする必要はなく、

堂々と自分をアピールしましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。