内定のお礼メールで好印象。入社前に差をつけ就職活動をキレイに終えよう(例文あり)

内定のお礼メールで好印象。入社前に差をつけ就職活動をキレイに終えよう(例文あり)

内定

就職活動のフィナーレ、内定。内定通知の連絡が来たときは、お礼の気持ちをメールで伝えておきましょう。でも一体どのように書けばいいか分からない、そんな就活生もいるのではないでしょうか。そこで今回は内定のお礼メールの書き方や注意するべきポイントについて解説します。

お礼メールは通知が来た当日に送った方がいい

内定後に送るお礼のメールを送らなかったとしても、別に入社後にマイナスになることはありません。ましてやそのことが原因で内定が取り消しになる、なんてこともありません。とは言え相手はこれからお世話になる上司なのですから、内定通知が来たらお礼メールで感謝の気持ちを伝え、印象を良くしておいても損はないでしょう。

もちろん送るか送らないかは気持ち次第ではあるのですが、後で、内定の御礼メールを出さなかったことを後悔するくらいならば、そんなに時間もとらないので送ることをおすすめします。

大事なポイントは、メールは内定通知のメールが来た当日に送ることです。レスポンスが早いと担当者に好印象を与えることにもなりますし、またメールをちゃんと受け取りました、という報告にもなります。

社会人の基礎である報告・連絡・相談がしっかりとできる人材であるということを入社前にアピールしておきましょう。

 

就活のお礼メールを書くときのポイントとは?

お礼メールを書く際のポイントは、まず件名を分かりやすくすることです。例えば「採用内定のお礼」などがよいでしょう。

書き出しはまず相手先の社名や部署、名前を正しく書き、その後に挨拶を書いてから名乗るのがマナーです。一度会ったことのある採用担当者からメールが来た場合には「いつもお世話になっております」という表現で構いません。担当者がとくにない場合は「採用担当者様」でOK。

 

本文では、まず内定通知に関するお礼を述べます。ビジネスメールでは、最初に用件を述べるのがマナーです。

その次に内定をもらってどれだけ、うれしかった気持ちと感謝の気持ちを伝えましょう。

「一所懸命頑張ります」というような前向きな意欲を書くことによって、向上心を相手に伝えることも大切です。

また採用担当者とはこの先も付き合いが続くのですから、「これからもご指導のほどよろしくお願いいたします」というような今後の良好な関係性を望む気持ちを書いておきます。

最後は「まずは取り急ぎお礼を申し上げます」という定例句でしめましょう。

 

件名:【採用内定のお礼】 ○○大学○○学部 菅田将暉

○○株式会社 総務部 人事課 採用担当マネージャー 二階堂ふみ 様

いつもお世話になっております。
○○大学○○学部○○学科の菅田将暉です。

この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。

自分の志望する貴社で働けるチャンスをいただき興奮と同時に身が引き締まるここちです。
早く、貴社に貢献できるように、こつこつと頑張りたいと思います。

まだまだ、至らない点ばかりですが、
これからも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

まずは取り急ぎお礼を申し上げます。

○○大学○○学部○○学科
菅田将暉
メールアドレス:
携帯電話:
郵便番号:
住所:○○県○○市○○○

■内定者懇親会にもお礼メールを!

就活でお世話になった人にもお礼メールを送ろう

就活(就職活動)の際にOBやOGの方にお世話になったという人も多いでしょう。そういった方との関係は、当然入社後も続くことになります。

だからこそ内定の報告とお礼は通知を送ってくれた担当者だけでなく、お世話になったOBやOGにも伝えておくのがおすすめです。またその際には、アドバイスをしてもらったことに対する感謝の気持ちをしっかり伝えておきましょう。

メールに書く具体的な内容としては、就職する企業名と、時間を割いて会ってくれたことに対するお礼、そしてその際にアドバイスしてくれたことへのお礼、新しく社会人となることへの抱負などを書くとよいでしょう。

内定のお礼メールは社会人になるための第一歩。

■内定後の流れを解説、内定者懇親会や内定辞退、オワハラ、内定式、留年の対処法


内定のお礼メールで気をつけるポイントは?

内定のお礼メールを送る際、最も気をつけるべきポイントは、誤字脱字です。とりわけ社名や担当者名を間違えるのは絶対にいけません。これからお世話になる会社や担当者名を間違えてしまっては、好印象を与えるどころかむしろがっかりさせてしまいます。

また、本来であれば最もフォーマルなのはメールではなく手紙で送ることです。就職先企業が堅い雰囲気の会社である場合や推薦経由で内定をもらった場合、内定通知が手紙で来た場合には、メールではなく手紙の方がよいでしょう。

しっかりとお礼をしておくことは今後の良い付き合いにもつながります。またお礼のメールを送る機会は社会人になれば、頻繁に訪れます。社会人になるためのスキルアップの一つとして内定のお礼メールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■最後の学生生活 何をすべきか?


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。