内定後の流れを解説、内定者懇親会や内定辞退、オワハラ、内定式、留年の対処法(まとめ)

内定後の流れを解説、内定者懇親会や内定辞退、オワハラ、内定式、留年の対処法(まとめ)

内定

就活生のゴールである内定。内定を得たあとも、就活のイベントはあります。内定者懇親会への参加や、内定辞退、内定を辞退させないためのオワハラ、入社までに何をすべきか、などなど。今回は、内定をもらった後に発生する事態への対応方法を説明します。一度読んでポイントを把握しておきましょう。

1内定を受諾する場合

内定を無事受けたあとは何をすべきでしょうか。ここでは内定後の流れを解説します。

お礼と内定承諾書

志望する企業から内定を頂いたらまずお礼のメールを書きましょう。

また内定承諾書は重要な書類であり、送り先はこれからお世話になる会社であるので、お礼状をつけるように心がけましょう。

どちらの場合も早いうちから好印象を与えることができます。

■内定のお礼メールで好印象。入社前に差をつけよう(例文あり)

■学生が知らない内定承諾書の書き方(例文あり)

内定式

多くの企業で10月1日に内定式が行われている様子が毎年テレビで流れますが、そもそも内定式で何が行われているかご存知ですか。

基本は代表者スピーチや今後の説明、自己紹介です。

ポイントは4月から上司や同僚となる人々に初めて会う場であるので、身だしなみやマナーに注意することです。

内定式で話す様子や態度も今後のあなたの印象を左右します。

■内定式って何をするの?~基本的な流れを知り心の準備をしよう~

■就活のフィナーレ内定式。ふさわしい髪型で第一印象を良くしよう

■内定式の挨拶・自己紹介で好印象を与えよう(例文あり)

内定懇親会

内定式の懇親会は、10月の内定式の後に開催されたり、また、10月の内定式の前にも開催されることもあります。

内定式よりフランクな場ですが、招待を受けたらマナーとしてすぐにお礼と出欠の連絡をしましょう。

当然欠席したとしても内定取り消しなんてことはありませんが、ビジネスメールであるので早めに丁寧な欠席の連絡を心がけましょう。

大切なのは断り方です。

■内定者の懇親会って何をするの? 内定者懇親会の基礎知識

■内定者懇親会の招待メールへのお礼の仕方(例文あり)

■内定者懇親会の欠席、上手な返信メールの書き方(例文あり)

■内定者懇親会で私服が指定されたときは? 失敗しない服装選び

2内定辞退の方法

昨今の就職活動では内定辞退は避けられません。

企業側もそれを承知しており、辞退することは悪いことではありません。

しかし企業にとってはやはり損失であり、断るのは少し気まずいですよね。

企業に内定辞退を伝える方法は様々ですが、ポイントは早めの連絡と誠実さです。

■トラブル回避!内定辞退の基礎知識

電話の場合

ビジネスマナーとして、電話で内定辞退のお詫びをするのが基本です。

内定辞退の理由を問われることがあるので、相手とトラブルを起こさないように理由を予め文章化して準備をする必要があります。

■内定辞退の電話をする前に気をつけたいこと

■内定辞退を電話で上手く伝えトラブルを防ごう(例文あり)

メールの場合

マナーとしては電話での連絡が最適ですが、メールは記録に残るため、伝達ミスを防ぐことができます。

取り急ぎ電話で連絡し、その後メールを送るのが好ましいです。

電話はしたくないといった場合も大きな問題にはなりませんが、学生のうちに電話でのお詫びを経験しておくことも自分のためになります。

■内定辞退のメールでの連絡の仕方(例文あり)

手紙の場合

郵便物が相手側に届かない場合があるため、基本は電話やメールで連絡をとり、手紙は誠意を示すためのアイテムと考えましょう。

手紙は手書きにし、できるだけ早いタイミングで送ることが大切です。

■内定辞退のお詫びの手紙の書き方(例文あり)

内定式・内定承諾後に断る場合

内定式後、内定承諾書にサインしたとしても辞退することは可能です。

承諾書は法律的な拘束力はありません。民法627条には「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる」と記されています。

ですが企業側はあなたのために多くの資金を投じています。そういった意味でも、誠意を持って謝罪しましょう。

■内定式後の内定辞退は間に合うのか?

■内定承諾書を提出したけど内定辞退をしたいとき

留年してしまった場合

内定は出たけど最後の最後で留年してしまった。

そんな時就職は絶望的に感じてしまうかもしれませんが、あきらめるのはまだ早いです。

人事も人間ですので場合によっては何とかなるかもしれません。

■内定したけど留年した場合の対処法

オワハラ(就活終われハラスメント)

企業側からすると、せっかく内定を出した学生が辞退することは避けたいので、他の企業に就職をされないよう就活生に「就職活動を終わらせる」ための圧力をかける企業もあります。

この「就職活動終われハラスメント」を通称「オワハラ」といいます。

オワハラで第一志望の会社をあきらめてしまわないように、万が一オワハラに遭ってしまったときの対策を知り、就活を成功させましょう。

■知らないと損をするオワハラ対抗策  

3内定後の過ごし方

内定式も終わり、春まで何をしようか考えると、やりたいこと、やるべきことが急には思いつかないかもしれません。

最後の学生生活を悔いのないように過ごすためにも、早めに計画しておきましょう。

■内定後の過ごし方~最後の学生生活を有意義に~ 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。