内定者の懇親会って何をするの? 内定者懇親会の基礎知識

内定者の懇親会って何をするの? 内定者懇親会の基礎知識

内定

就職活動で内定を獲得した後に、内定式までの間や内定式の当日に内定者だけを集めた内定者懇親会が開かれる場合があります。では、内定者の懇親会とは何をする場所なのでしょうか? 内定者懇親会の内容を知っておくと安心ですよね。

内定者の懇親会とは

内定式の懇親会は、10月の内定式の後に開催されたり、また、10月の内定式の前にも開催されることもあります。

■内定式についてもチェック

出席者は、企業の管理職や社員、そして同期になる内定者が参加します。企業側の目的は、社員との交流や内定者どうしの親睦を深めたり、会社の雰囲気を知ってもらい、愛着をもってもらって他社に流出しないように防ぐネライもあります。

■内定者懇親会で、私服が指定されたときは? 失敗しない服装選び

内定者懇親会は欠席できるの?

内定者懇親会の参加は、自由で都合が悪ければ欠席も可能です。欠席したからといって、内定を取り消されたりすることはありません。

内定の懇親会にはそこの会社に入社を決めた人以外も参加します。なので、もしそこの会社の内定は貰ったけど他の企業に入るのか迷っている人も参加しても大丈夫です。内定者懇親会で「この会社は自分に合わないかも・・・」という気づきもあるかもしれません。

入社してミスマッチするよりは、内定者の懇親会に参加して、仕事内容や同期たちの雰囲気を知る事も大事です。

内定者懇親会に参加しない事で、同期たちの仲良くなるチャンスを逃してしまって、気づいたら同期たちのグループが出来てしまっていたという事にもなりかねません。

その会社に入社する可能性があるならば内定者懇親会には可能な限り参加することをおすすめします。

■内定者懇親会の招待メールへのお礼の仕方(例文あり)

メールは参加不参加関係なく迅速に返信

企業から出欠メールが来た場合は、早めに返信しましょう。あまり返信が遅いと相手に悪い印象を与えます。そして、メールの返信はあまり長々と書かずに短めに書きましょう。結果を書いて理由を書く。これはエントリーシートなどでの書き方と同じですね。

メールには出席の有無以外に「名前」「大学名」「メールアドレス」「携帯電話番号」なども添えておくのも必要です。

もし欠席する場合も、しっかりと欠席の理由を添えてメールを返しましょう。欠席するからと言ってメール返信をしないとなると、常識が無いと感じられるのでよろしくないです。

■内定者懇親会の欠席、悪い印象を持たれない上手な返信メールの書き方(例文あり)

内定者懇親会のプログラム

おおまかに以下のような流れが多いです。もちろん会社によっては内容は違いますが、
基本の流れを知っておきましょう。

  • 人事からの内定後の説明
  • 内定者同士の自己紹介
  • 内定者懇親会でのグループワーク
  • 懇親会(食事)

人事からの内定後の説明

内定者の懇親会では、まずは、入社までに提出する書類の説明や、入社までに勉強をしておいた方が良い事などの説明が行われます。

重要な話をする事が多いので、キチンとノートやペンなどを持っていくようにしてください。「聞いていませんでした」「教えてくれなかったから分かりませんでした」は社会人で通用しません。真剣にのぞみましょう。

 

内定者同士の自己紹介

人事からの内定後の説明が終わった後は、みんなの前で自己紹介を行います。自己紹介の文面は、事前に準備しておきましょう。

基本は「名前」「大学」「出身地」「志望した理由」「入社してのやりたいこと」などをいう事が多いです。これらは就職活動での面接での発言内容を参考にするのも良いです。
そして、自己紹介は参加人数によって長さを変えた方が良いです。大勢いる場合は短めに終えて、少ない場合は趣味などもいれても大丈夫です。

■内定後の流れを解説、内定者懇親会や内定辞退、オワハラ、内定式、留年の対処法

内定者懇親会でのグループワーク

自己紹介を行った後はテーマに沿って「グループワーク」を行う事があります。
グループワークのテーマは簡単な物から難しい物までありますが、これはコミュニケーションをはかるための物で、グループワークの完成度はそこまで重視されません。

懇親会でのグループワークは、就活でのグループワークとは違って、同期たちが仲良くなる為に設けられている場合が多いので、気軽に参加しましょう。ゲーム感覚で挑む事で、お互いが上手く打ち解けられるので、楽しく挑む事が大事です。

 

懇親会(食事)

グループワークの後には、懇親会(食事会)を行います。食事会ではなるべく多くの人と喋って情報を得たりコミュニケーションを取りましょう。そして食事会で同期と喋るときはタメ口はよろしくないです。そこは社会人として敬語で喋る事で社会人マナーがある事を企業の人に示しましょう。

また、先輩社員とも話すことになります。すぐに何でも話すことが苦手な就活生は、予め質問を考えておきましょう。


二次会に参加

内定者の懇親会の後に、同期たちだけで飲み屋やファミリーレストランなどに行って二次会を行う場合があります。参加しようが参加しまいが人それぞれなので、もし参加出来ない人は理由をしっかり伝えて帰宅しても大丈夫です。

二次会では同期たちが集まって社員の目を気にしないで、ぶっちゃけトークが出来るので、同期たちとおもいっきり本音トークを行いましょう。

しかし、お酒を飲み過ぎて羽目を外すような行動は同期たちに嫌われるキッカケにもなるのでご注意。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。