内定者懇親会で、私服が指定されたときは? 失敗しない服装選び

内定者懇親会で、私服が指定されたときは? 失敗しない服装選び

内定

内定者懇親会、企業によっては「自由な服装」や「私服」の指定がある場合も、「とりあえずスーツでいけば無難」と思ってませんか? 第一印象は大切です。失敗したくないですよね。また、指定がない場合はどのような服装が良いのでしょうか? 企業が内定者懇親会を開く意図を読み取り適切な服装を選ぶ方法を解説します。

■懇親会の招待メールにお礼すべき?

内定者懇親会とは

厳しい就活(就職活動)を乗り越えてやっと内定をゲットした後に、内定式までの間に、内定者を集めた内定者懇親会が催されることがあります。

内定者同士での親睦を深めたり、先輩社員との交流の場を設けて、会社を知ってもらい、愛着をもってもらって他社に流出しないようにすることと、入社後の人間関係を円滑にすることが目的です。

■より詳しい内定者懇親会についてはこちら

内定者懇親会で「私服でお越しください」と言われたときは?

内定者懇親会では、「自由な服装でお越しください」「私服でお越しください」との指示が出る場合があります。なんでも「スーツで行けば無難」って考えていませんか? この場合は、スーツでいくことはおすすめしません。

企業側が敢えて服装を指定してくる意図は、緊張せずに会社にうちとけてもらうことだからです。スーツを来ているとやはり緊張しますよね。よりカジュアルな雰囲気を演出したいネライがあります。
でも、カジュアルすぎるのもNG、私服だからジーパンやアロハ、派手な服装が許されるかというと、これはNGです。ここでは、清潔感のあるビジネスカジュアルがベストチョイスです。

■懇親会でも使える!内定式での自己紹介例文

難問、企業側から服装の指示がない場合

では、特に服装の指定がない場合の服装は、どのようにすれば良いのでしょうか? その場合は、内定者懇親会が「どこの場所」で行われるかを確認しましょう。

例えば、社内で行われる場合は、スーツが無難です。なぜならば、他の従業員は仕事をしている人もいるでしょう。お客様も出入りしているかもしれません。その中に入っていくのにふさわしい服装はスーツになります。内定者懇親会の場所が、レストランや居酒屋の場合の服装は、ビジネスカジュアルで参加しましょう。

■内定後の流れを解説、内定者懇親会や内定辞退、オワハラ、内定式、留年の対処法

内定者懇親会にふさわしいビジネスカジュアルとは?

ビジネスカジュアルとは、具体的に男性の場合だと、ジャケットにチノパンか襟付きのシャツ、革靴、女性の場合はジャケットかカーディガン、ブラウスとチノパンかスカート、ヒールや鞄は派手なものは避けましょう。


最後に

内定者懇親会は企業で実際に働く先輩社員の方々が内定者を見る初めての機会であるため、この内定者懇親会で内定者の第一印象が決まるといっても過言ではありません。

よって懇親会での服装はスーツであろうがカジュアルであろうが、とにかく清潔感があって自分自身が一番輝いて見える服装がよいのです。間違っても品の無い格好や、汚れていたり古い服装で行かないようにだけは気をつけたほうがよいでしょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。