就活のゴール内定式って一体何をするの? 内定式の基本的な流れを知り心の準備をしよう

就活のゴール内定式って一体何をするの? 内定式の基本的な流れを知り心の準備をしよう

内定

就職活動を乗り越えて内定を勝ち取ったら、次に待っているのは「内定式」です。でも、内定式って何をするのでしょうか? 初めてのことは不安がつきもの、事前に知っておくと準備もできて安心ですよね。就活の最後に思わぬ失敗をしないためにも、内定式の前に知っておいた方が良いポイントをみていきます。ご一読ください。

■内定のお礼メールは早めに

内定式はどんなことをするの?

就活(就職活動)を終えて内定後の一大イベントといえば、内定式です。会社によって違いはありますが、オーソドックスな流れを把握しておきましょう。

  1. 会社側の代表者スピーチ
  2. 内定書などの書類の配布と説明
  3. 今後のスケジュールの説明
  4. 懇親会(自己紹介)

会社によって異なりますが、基本はこのパターンです。

 

内定式には社長をはじめ、取締役、役員クラスも参加することが多いです。まずはその方々のスピーチから始まります。

「校長の話なんて適当に聞いていればいい・・・」なんで今まで思っていませんか?

今までの学校は、学生が学校に授業料を支払う、いわば、あなたは、サービスを提供される「お客様」の立場でした。しかし、社会人は、会社から給与を支払ってもらう立場です。あなたが勤労して会社から報酬を受け取るのです。立場が違いますよね。会社の上司が話す言葉は、学生時代とは違う心構えで、しっかりと耳を傾けましょう。

その後、内定書の授与が行われます。大切な書類ですから、きちんと保管するようにします。内定式では、必要な書類の記入や事務関係の手続きを行う場合もあります。筆記用具や印鑑は忘れずに持っていきましょう。特に「印鑑」は忘れがちですので注意ですね。

■内定承諾書とは?

一通り手続きが済むと、人事担当者から今後についての説明があります。スケジュールはもちろん、入社までの過ごし方や、研修に関すること、配属先の決定時期など重要なことです。忘れてしまって最初からミスすることがないように、メモをしましょう。

必要事項の伝達が終わると、人事担当から若い世代の先輩社員にバトンタッチして、交流会などが設けられる場合もあります。OB訪問や会社説明会では、聞けなかったようなことも質問できるチャンスですから、そういう場を想定して、事前に聞きたいことをまとめておくと良いでしょう。

ここまでが内定式の流れですが、ほとんどの企業ではこの後に内定者懇親会と呼ばれる食事会が行われます。同期の友人ができる場にもなりますから、積極的に交流を楽しみたいですよね。しかし人事担当者も参加する場合が多いので、あまり羽目の外し過ぎには要注意です。なんといっても第一印象は大切です。本領発揮は4月以降でも良いでしょう。

■内定者懇親会について知っておこう

内定式の前に準備しておきたいこと

新入社員が何百人もいる会社以外では、懇親会の場などで自己紹介が行われるケースがあります。

内定式に出席する時に忘れずに準備しておきたいことは、自己紹介の内容です。内定式では、役員はもちろん参加者の前で全員が自己紹介する場合が多いです。その際に緊張して、言葉が出ないなんてことがないようにしっかりと内容を考えておきましょう。

まずは大きくはっきりとした声で、大学名と名前を言います。ぼそぼそと話すのではなく、明るく元気の良い感じを心がけましょう。その後の自己紹介に盛り込みたい内容は、自分が学生時代に熱心に取り組んできたことを伝えながら、自分の人となりを紹介することです。そしてその事に関連付けて会社を選んだ理由が話せるとなおいいですね。

やる気をアピールできる絶好のチャンスです。その流れで、今後の抱負を語り挨拶の締めとしましょう。緊張するなというのは無理な話ですので、ゆっくりと聞き取りやすく、できれば笑顔も交えて話せるように練習しておくといいですね。

■内定式の自己紹介で言っておきたいこと

内定式で浮かない服装や髪型は?

内定式には社長をはじめ、役員など目上の方々が多く出席します。そしてこれから社員になるための大切なステップの場であり、厳粛な場ですから身だしなみに気を配る必要があります。特に指定のない場合には、男女ともシンプルなリクルートスーツが間違いありません。

シャツにはきちんとアイロンをかけるなど、だらしがない印象を与えないように準備します。靴やバッグも、就活(就職活動)で使用していた無難な色や形のものがいいでしょう。続いて髪型ですが、男女ともに黒髪が一番望ましいですね。男子は前髪や襟足もスッキリとカットしたスタイル、女子も長い前髪はピンやヘアワックスで留め、後ろの髪が長い場合は束ねておきましょう。

服装においても、髪型においても1番重視するのは、清潔感です。迷ったときは就活(就職活動)スタイルを思い出してください。また、内定式に私服でお越しくださいと指定のある企業もあります。そんな時には自分らしい私服で出向くのではなく、ビジネスカジュアルと呼ばれるようなスーツに準ずる服装にしましょう。社会人に向けて、ビジネスカジュアルの服装も準備しておくと安心ですね。

■やってはいけない髪型は?


内定式の準備で大切なこと

内定式は大切なイベントです。内定が出て気が緩みがちだとは思いますが、頑張った就職活動を思いだして、心の準備をしましょう。そして、これからの社会人人生で、会社の「同期」は非常に大切です。会社の先輩にもですが、同期にも良い第一印象を持ってもらえるように振舞いましょう。

■内定式後の内定辞退って大丈夫?

■内定後の流れを解説、内定者懇親会や内定辞退、オワハラ、内定式、留年の対処法


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。