【就活女子必見】私服OKの企業訪問は、本当に私服でいいの?

【就活女子必見】私服OKの企業訪問は、本当に私服でいいの?

就活マナー

みなさん就職活動は進んでいますか?

説明会、面接、インターンなどに参加している方がいると思います。
今回は、説明会やインターンで私服OKの場合、本当に私服で行っていいのか、なぜ私服OKなのかについてご紹介します。

就活が実を結ぶためにも、知っていないと損をしてしまう情報です!最後までご覧ください!

私服OKにするには会社の意図がある


私服OKにしている企業はただ単に理由なく、私服でも良いとしている訳ではありません。

実は会社の意図がそこにはあったのです。

知っていると知らないではもしかしたら大きく差ができてしまうかもしれない「私服OK」という罠・・・

みなさんは企業の意図に答えられますか?

TPOに合わせた服装ができるか

みなさんTPOってわかりますか?
TPOに合わせた服装というのは『時、場所、場合』に合わせた服装ができるかどうかということです。

なぜTPOに合わせた服装なのか、企業側が学生を採用する際には少ない情報量で決めなくてはいけません。
そのため、社会に出る前の人間としてどの程度まで配慮して行動できるのかもみています。

そのとき大きな鍵となるのが、説明会などで私服OKと記載した時、どのような格好でくるのかです。
いわゆる、常識があるのかどうか。

お葬式に行くときはグラックフォーマルでいきますよね?
結婚式に招待されたらホワイト以外のドレスでいきますよね?
入学式のときはフォーマルやスーツでいきますよね?

言われなくても当たり前としている上記のことのように、説明会でも私服といわれたらオフィスカジュアルやビジネスカジュアルで来るのかみています。

でも私服OKなのに、スーツで来る人もいるじゃん!と思いましたか?
私服OKだからといって私服以外がダメというわけではないのです。

正しくは『私服でも良いですよ』という意味なのです。

企業訪問で私服OKの場合どんな服装がいいのか

では実際に私服OKの企業訪問の際はどんな服装がいいのかご紹介します。

スーツ

企業訪問の際はリクルートスーツが良いでしょう。
派手な柄や色のスーツはTPOには適さないので、ブラックのスーツをおすすめします。
シャツは無地のホワイトが良いでしょう。

シャツのタイプはスキッパーシャツでも、レギュラーブラウスでもどちらでも大丈夫ですが、シャツの種類によって受ける印象が違うので、企業に合わせて使いわけできるといいですね。

スキッパーシャツ
活発な印象
IT系企業などに向く

レギュラーブラウス
清楚な印象
金融系の企業などに向く

オフィスカジュアル

私服がOKの場合はオフィスカジュアルやビジネスカジュアルでも大丈夫です。

場合によってはオフィスカジュアルで訪問し、担当の方に『オフィスカジュアルになるようにがんばったんですけど、大丈夫ですか!』などコミュニケーションを取るのもいいですね。

オフィスカジュアルと一口にいっても学生の方には想像しずらいと思うので、次では失敗しないオフィスカジュアルのポイントについてご紹介します!

失敗しないオフィスカジュアルのポイント

『オフィスカジュアルってなに?』という人のために、失敗しないオフィスカジュアルアイテムとそのポイントについてご紹介します。

シャツ

シャツはユニクロなどに売っているもので大丈夫です。
スキッパーでもレギュラーでもOK!

柄ものは避け、無地が良いでしょう。
おすすめのカラー『ホワイト・ネイビー・ブラック・パステルピンク・水色

シャツのボタンは第一ボタンは開けてもよいですが、第二ボタンは閉めましょう。

カーディガン

秋冬や春は冷え込んだり、涼しいのでカーディガンを羽織っても良いでしょう。
デザインはシンプルなものが良いです。
薄手のカーディガンだとデザインをシンプルなので失敗しなくて済みます。

おすすめのカラーは『ホワイト・ブラック・ブラウン・ネイビー
淡い色でも良いですが、シャツと合わせるのが楽な上記の色の方が良いでしょう。

パンツ

パンツで気をつけなければいけないのが、デニム素材のものです。
オフィスカジュアルではデニム素材はNGですので、避けてください。

OKなパンツの種類
・スラックス
・ガウチョ
・ワイド
・チノパン

NGなパンツの種類
・デニム素材
・ショートパンツ

おすすめのカラーホワイト・ブラック・ネイビー・ブラウン・ライトブラウン
ダークグリーンやボルドーでも良いですが、企業によってはNGの場合もあるので失敗したくなければ上記の色が良いでしょう。

スカート

スカートで気をつけなければいけないのが、丈の長さです。
基本的には膝上5cm~膝半分くらいのミディ丈が良いです。
短すぎるのも、長すぎるのも適さないので気をつけましょう。

デザインはシンプルな無地が良いでしょう。
総レースも企業によってはOKですが、場所を選ぶので避けましょう。

OKなスカート種類
・プリーツ
・タイト
・ギャザー
・ぺプラム

NGなスカートの種類
・チュール
・コクーン
・マキシ丈

フレアスカートは企業によってはNGの場合があります。
基本的には大丈夫ですが、金融系などお堅い企業の場合は避けるべきでしょう。

おすすめのカラーホワイト・ブラック・ネイビー・グレー・パステルピンク
パンツと同様でダークグリーンやボルドーも企業によってはOKです。

実は靴もオフィスカジュアルを台無しにしないために気をつけなければいけません。
今回は失敗しないアイテムだけにしました。

飾りやストラップのないパンプス

ヒールの高さは5,6cmまでにするのが良いでしょう。
飾りやストラップのないオーソドックスなパンプスは絶対に失敗しません。
素材はデニムはベロアはNGです。

おすすめのカラーブラック・ネイビー・グレー

バッグ

気をつけるべきポイントは2つあります。
ひとつは自立するバッグであること、もうひとつはA4サイズが入ること。
リクルートスーツに合わせるバッグほどかしこまったものではなくていいですが、デザインは無地のシンプルなものがいいです。

おすすめのカラーは『ベージュ、ブラック
何でも合う万能カラーのベージュはバッグに最適です。

まとめ

いかがでしたか?

私服OKというのにはきちんといた企業側の意図があること、私服=オフィスカジュアルであることが理解できたでしょうか?
この記事では大まかなオフィスカジュアルで使えるアイテムに触れただけですが、別の記事ではオフィスカジュアル一括コーディネートも紹介しているので、ぜひ見てください!


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。