就活の証明写真、写真館の選び方から撮影時の注意まで履歴書やエントリーシートに使えるポイントを解説

就活の証明写真、写真館の選び方から撮影時の注意まで履歴書やエントリーシートに使えるポイントを解説

就活マナー

就職活動中のみなさん。履歴書やエントリーシートで使う証明写真で大切なのは容姿ではなく印象です。

「容姿に自信ないから・・・」と悩む前に、印象のよい証明写真が撮れるよう行動しましょう。

採用担当者が最初に目にするのは履歴書やエントリーシートの貼られている証明写真です。

人は見た目で第一印象が決まってしまうので、写真の効果って思っている以上にすごいのです!

今回は、履歴書やエントリーシートに使う証明写真の写真館の選び方から撮影時の注意点を解説します。

証明写真も選考の項目の一つとしてみている

「見た目より中身が大切」という本質はありますが、世の中は厳しく、見た目で第一印象が決まってしまうのも事実です。

公に書類選考は見た目で決めていますなんて言う会社はありませんが、やはり書類で一番最初に目に入ってしまうのは写真です。

そのため写真写りが悪いと良くない印象から始まり内容を読んでしまうので、とてもいい人材でも写真の表情が暗かったりすると落とされてしまうこともあるんです。

これは、かっこいい人やかわいい人、いわゆる容姿容貌が美しい人・・・というわけではなく、写真から伝わる印象が大切なのです。

なので証明写真は自分のコンプレックスを補正する必要はありませんが、表情や姿勢、服装をきちんとすることがとても大切になります。

就活の証明写真は写真館での撮影が鉄則

最近では、自分でスマホで撮影することに慣れている方もいますが、就職活動は、人生で重要なコトです。

緊急の場合は、街中にある「スピード写真」という選択肢もあります。
就活の証明写真、写真館の選び方から撮影時の注意まで履歴書やエントリーシートに使えるポイントを解説

お手軽でスピーディなので便利ですが、就職活動のときに利用するのは控えたほうがよいでしょう。

画質も良いとはいえませんし、全体的に暗くなってしまうので印象が暗くなってしまいます。

焼き増しのCDなどもないので、どうしても急遽必要になったときのみ利用するようにしましょう。

写真で悔しい思いをしないように、写真館での撮影を強くおすすめします。

最近では、就職活動の写真を専門にしている写真館も多々あります。

就活の証明写真は写真館の選び方は?

就活の証明写真、写真館の選び方から撮影時の注意まで履歴書やエントリーシートに使えるポイントを解説

証明写真の有人撮影は、カメラのキタムラなどは比較的安く、納得いくまで取り直ししてくれますし、焼き増しのCDも付くのでコスパはとても良いです。

もう一段階上は、プロのヘアメイクなどがいる写真館で撮ることです。

万単位のお金がかかることもありますが、メイクもヘアセットや、写真のレタッチもしてくれるところが多いです。

就活は人生がかかっているので投資としては安いでしょう。

写真館を選ぶ際のポイント
・就活生向けである(指導をしてもらえる)。
・撮影データでの納品がある。
・データは自由に自分でプリントできる。
・簡単なレタッチ(修正)をしてもらえる。

採用担当者に好印象を与える証明写真のポイント

証明写真を撮るときに必ず抑えておくと写りが良くなるポイントがあるので、みなさんこれだけは覚えておいてください!

写真館の撮影でも、やもうえず、証明写真を無人のボックスで撮るときにも必ず役に立ちます。

服装

女性の場合
女性の場合も黒や紺などのスーツを着用し、ブラウスやインナーは白がもっとも適切です。

髪型に関しては、前髪やサイドの髪が顔を隠すことがないように注意しましょう。

顔が隠れていると、暗い印象を与えてしまいます。

もし、髪の毛が長い場合は結んだり、後ろに流しておくことが必要です。

明るいイメージを与えられるように工夫してみてください。

また、髪色に関しては明るすぎる色は控えるようにしましょう。

第一ボタンのないシャツの場合襟がヨレないように注意。

第一ボタンがある場合はきちんと留めましょう。


男性の場合

男性の場合は黒や紺などの暗めの色のスーツを着用し、シャツは白地のものが良いでしょう。

シャツはきちんとアイロンがけしたものにしましょう。

髪型は短髪で髪の毛が目にかからず、額がしっかりと見えるようにしましょう。そのほうが爽やかなイメージがあり、好印象を与えられます。

表情や姿勢

証明写真を撮影するときは正直どんな表情をすれば良いのかわかりませんよね。

ものすごく真面目にとるべきなのか、それとも笑顔がいいのか?

撮影のポイントを解説します。

口角

口角を意識することで、表情をつくることができます。
これをしないと、無表情で無機質で印象が悪い写真になります。

女性の場合
少し微笑むように口角を上げましょう。
リップは血色良く見える赤をつけましょう。

男性の場合
凛々しく見えるように少し力を入れて口角をあげましょう

あごを引きすぎる

あごを引きすぎていると、自信がないようにみえてしまいます。

力のない目

自分の熱意を伝えるように目に力を入れましょう。

目に力を入れるときに眉をひそめないように注意しましょう。

姿勢

どちらかに傾いているとやる気のない印象を与えます。

体はまっすぐ、背筋はきちんと伸ばして腕は横にぶらーんとしましょう。
猫背は厳禁です。
姿勢の良さはあなたの顔を明るくします。

派手なメイク、流行なメイク(女性の場合)

どちらも就職活動には不適切です。


履歴書の写真で忘れてはいけないチェックポイント

サイズの確認

写真のサイズは、間違えないように、履歴書やエントリーシートのサイズを確認しましょう。

一般的に履歴書の写真というのは、縦4センチ×横3センチを想定して作成されています。

切り張りは丁寧に

写真をサイズにあわせて切り張りすることもありますよね。

かならず、定規やカッターを用いて、キレイに丁寧にきりましょう。

曲がっているとだらしがないとみなされます。

写真の有効期限

履歴書に貼る写真は原則として3カ月以内に撮影したものを使用しましょう。
(会社によってはルールが異なる場合もあります)

写真と実際の見た目が大きく異なることがあってはいけません。

面接のときに、企業の方に「え、これ本当に本人?」と思われないようにしましょう。

写真の裏に記名

写真の裏に大学名と氏名を記入しましょう。

というのも、企業に応募した人の書類がたくさんあるなかで、もし写真が取れてしまったら、どの写真が誰のものであるのか、分からなくなってしまいます。

万が一のときのために、しっかりと写真の裏には氏名を記入しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

証明写真をすでに撮っている人も、もう一度写真を確認してみましょう。

就職活動にはお金がとてもかかってしまいます。しかし人生一度の新卒を証明写真で台無しにしてはもったいないです。
納得のいく就職活動ができるように私たち編集部も祈っています。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。