人事は就活生のSNSを監視し、Googleで名前を検索している。その実態と対処方法

人事は就活生のSNSを監視し、Googleで名前を検索している。その実態と対処方法

就活マナー

企業の人事担当者や採用担当者は、就活生のSNSを調べたり、名前をgoogle検索しています。

TwitterやFacebook、Instagram、今まで配信していたアカウントに鍵をかければいいのか、そもそも削除してしまうべきか。

過去のブログや、ミスコン、芸能活動は? 今回は、就職活動とSNSについて解説します。

実名登録のFacebookは人事のチェック対象

Facebookは、実名、本名登録が利用のルールとなっています。

ゆえに、採用側のチェック対象の一つとなっています。

問題は、SNSを採用担当者がどのように見ているかがポイントです。

 

企業が就活生のSNSを見る基準は?

企業の人事は、応募者全てをSNSでチェックすることは事実上不可能なため、ある程度選考が進んだ段階でチェックが入ることになります。

では、採用担当者が、就活生のSNSを見る基準とは何でしょうか?

過激な発言や活動、反社会的な行為は、当然ネガティブな評価になります。

就職活動は思想信条で区別をしてはいけないのが原則ですが、一緒に働くならば価値観の合う人が良いですよね。

「自分は、そういったことをしていない、普通にSNSをやっているだけだから大丈夫」

と考えている学生も多いと思います。

しかし、難しいのは「普通」です。

学生の考える普通と、社会人が考える「普通」とは価値観が異なる場合も多々あります。

何がNGとして見られるか分からない以上は、就職活動の期間中は、SNSでの活動は、控え、その期間だけでも、下記のような対処をすることをおすすめします。

 

就活中はSNSを鍵アカにして公開範囲を限定する

一番簡単な方法は、削除をしてまうこと。

ただし、長く続けてきて、友達もいる場合は、そう簡単にはいきません。

そこで、アカウントの公開範囲を限定する(鍵をかける)ことによって企業に見られないようにする「鍵アカ」状態にすることをすすめます。

 

プロフィール欄を整理する

投稿を他者に非公開にしていても、プロフィールは誰からも閲覧できるようになっています。

ここでプロフィール欄を整えましょう。

面接官に先入観を与えてしまう可能性があるので、不必要なプライベート情報は削除しシンプルにしておきましょう。

また、エントリーシート(ES)や履歴書に書くような自己PRにつながるような内容に書き換える方法もあります。

プロフ画像やアイコンに関しても、無難な画像に変更しましょう。

そして、リンク先にも注意をはらってください。

 

自分の印象を下げる投稿をしない

投稿の公開範囲を設定していても、知らず知らずのうちに企業の採用担当アカウントからフォローバックされているなんてこともしばしば。

そして、SNSをイライラの捌け口だと勘違いし、ネガティブな投稿を繰り返してしまうパターンも多いです

就活中でストレスが溜まるのも分かりますが、志望する企業の悪口だったり、逐一就活の状況をたくさん投稿してしまうのは考え物。

ましてや、「内定をもらった」と投稿してしまえば、機密情報の漏洩で内定を取り消されてしまうパターンも。

ほかにも、飲み会の席で羽目を外した投稿などはありがちな内容ですが、不適切な投稿は厳禁。

TwitterやWeb掲示板は匿名でも安心してはいけない

匿名性の高いTwitterやWeb掲示板ならどんな発言をしてもばれないと思いがちですが、見抜かれる場合があります。

たとえば、自分の面接が終わった直後に、人事に対するネガティブな投稿をすると、その内容や時間帯からすぐに特定できてしまうでしょう。

ネガティブな内容でなくても、「どうして面接でこんな変なこと聞かれるんだろう…?」と感じる質問をされ、そのことを誰かと共有したいと思ったことはありませんか?

匿名実名に関わらず、応募者がSNSでどんな発言をするのかを検索しやすくするために特異な質問を投げるという面接官もいます。

匿名とはいえ、自分から情報を発信することには変わりないので、細心の注意が必要。

 

企業はGoogleで名前を検索している。過去のブログ、ログサイトも頭に入れておく

企業は、採用しようとする人物の名前をGoogleで調べます。

既に更新していないTwitterや中学生や高校生のときのブログがヒットする可能性があります。

自分で過去のブログなどがGoogle検索で表示されるか確認してみることが大切です。

既にいらないのであれば、削除をするか、鍵をかけましょう。

当然IDとパスワードを忘れているケースも多いと思います。

大変、手がかかりますが、運営している会社に問い合わせをしましょう。

 

ミスコン出場や、過去の芸能活動と就職活動

過去に、ミスコンテスト、ミスターコンテスト、または、芸能活動などで人の前に出る仕事をしていた就活生も多いでしょう。

そして、活動をしていたころの情報はネットで検索すると表示されます。

自分のアカウントは鍵をかけられますが、ネットに流れているこれらの情報を止めることは困難です。

でも大丈夫です。過去にミスコンに出た先輩たちは、きちんと就職活動をして企業で働いています。

就職活動で、ミスコンや芸能活動が特段に不利になることはありません。

これらは、当然、人事は検索をして知ることになり、面接で質問をされることもあるかも知れませんので、

その活動で自分がどれだけ成長したのかをアピールできるように、準備をして武器にしましょう。

 

不利益な記事は消してもらえる

過去の芸能活動で、消したい情報がネットにある場合、

そのメディアを運営している企業に問い合わせれば、普通に削除してもらえる可能性が高いです。

遠慮する必要はありません。
ただし、お願いする立場で、お話をしてください。

「この記事に掲載されている●●です。就職活動のためこの情報を消して欲しい」と丁寧に連絡をしましょう。


就活期間に限らず、正しいSNS活用法を。

SNSは情報を手軽に収集・発信できる点では大変便利なメディアですが、活用する際には正しいネットリテラシーを持つことが大切。

これは就活期間中に限った話ではなく、日常生活においても同じこと。

著しくモラルに欠けた発言などは普段の対人関係にも関わってくること。

自分が発信したポストは、人事担当者だけではなく、世界中の誰から見られていてもおかしくないということを常に意識しなくてはいけません。

 

もしも面接でSNSの利用を聞かれた場合は? 以下のリンク先を参照してください。

■面接で「SNSを使っているか?」と聞かれた場合の対処法(例文あり)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。