就活生必見 もし「私服でお越し下さい」と言われたら

就活生必見 もし「私服でお越し下さい」と言われたら

就活マナー

就職活動でよくある「服装指定」。その中で「自由な服装でお越し下さい」という旨が書いてあるのを見た就活生も多いのではないでしょうか?でも、企業のセミナーや面接で、スーツで行くべきか、私服で行くべきか悩んでいる就活生にポイントをまとめてみました。

就職活動でスーツを着る理由

就活が始まると殆どの方が想像するのが、黒髪でスーツを着ている人というもの。しかし、なぜ彼らはスーツを着て就活をするのでしょうか。

ビジネスでは、相手に失礼をしないことが原則になります。もちろんTシャツでもOKの人もいれば、「無礼だ!」と感じる人もいます。初めて会う人がどのような人か分からない以上は、礼を欠くことができないのです。

それ故に、どんなシーンでも、どんな人と会っても、礼を欠かない服装がスーツになります。初めて人と接する営業マンはスーツを着ていますよね。就職活動でも初めて会う社会人ばかり、やはり、スーツが無難なのです。

 

 

「服装自由」スーツを着るべきか、私服を着るべきか?

最近の就活では、「私服可」「服装自由」といった指定が出るケースも増えました。

でも、言われてみると「何を着ていけば良いのか分からない?」と悩みますよね。良いことで目立つのはいいですが、悪目立ちはしたくないものです。

自由である以上、はスーツを着るのもOKです。大切なのは、何でその服装を選んだのかをはっきりしておくようにしましょう。

中には「何でその服で来たの?」と聞かれるケースもあるので、スーツであれば「気が引き締まるからです」、「自分の勝負服だからです」、私服であれば「リラックスして集中できるからです」など前向きな理由を用意しておくと良いでしょう。「この前のアポイントがスーツ指定だったから」などの主体性のないネガティブな表現はやめましょう。

 

「私服でお越し下さい」の場合

就職活動中に「私服でお越し下さい」といった指示がある企業も存在します。その際には、指示に従って「私服」で行くのが無難です。

目的は、アパレルなどのセンスが問われる業界ならば、服装センスを確認するため。他の場合は「リラックスした雰囲気を作りたい」や「スーツを着るのも大変だろう」という学生への配慮です。

1日に何社も受けている場合は、スーツでも問題ないでしょう。ただし前述のセンスを問われる業界に関しては、そこが本命ならば着替えて私服をアピールした方がよいでしょう。

 

気を付けなければいけないコト

私服と言っても完全に普段着でいいわけではありません。私服はフォーマルとインフォーマルの2種類に分けられ、私服の指定があった場合は、フォーマル(ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルとも言います)スタイルで行きましょう。

ビジネスカジュアルとは、具体的に男性の場合だと、ジャケットにチノパンか襟付きのシャツ、革靴、女性の場合はジャケットかカーディガン、ブラウスとチノパンかスカート、ヒールや鞄は派手なものは避けましょう。

また、冬になるとビジネスコート、トレンチコートが必要になるため用意しておくと便利です。


それでも、就職活動の服装で悩んだら

就職活動の準備で忙しい、服装まで考えていられないといった方へ、実際に就職して働いている人の服装を見て、あるいは聞いてみるのがいいかもしれません。

実際に働いている人を見るとスーツで働いている人もいれば、ビジネスカジュアルスタイルで働いている人もいます。

 

それぞれの服装とその人が就いている職業を比べてみて、自分にとってどちらが働きやすいのか、自分がその企業に就職して働くなかで働きやすさ、雰囲気を知るための一つの基準となるでしょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。