会社説明会での良い質問と悪い質問を知っておこう(例文あり)

会社説明会での良い質問と悪い質問を知っておこう(例文あり)

会社説明会

会社説明会や企業説明会に参加しても、どんな質問をすれば良いか分からないという就活生が多いようです。会社説明会は、会社について知る機会なのに、出席しただけだともったいないですよね? そこで、会社説明会や企業説明会での良い質問と悪い質問の例文を紹介します。

これだけは知っておきたい企業説明会のたしなみ

 

会社説明会は気軽に出席できる上、志望企業の生の声を聞ける良い機会です。しかし、せっかく出席したにも関わらず、求人募集記事で分かる情報しか持ち帰れなければ行った意味がありません。知りたい情報は積極的に質問する方が得です。

ただ、積極的に質問すべきとはいえ、マナー違反の質問や、人事の印象を下げる質問をすると、採用活動にマイナスの影響となる可能性があります。質問のマナーには配慮する必要があるでしょう。

 

会社説明会のマナーを具体的に紹介

会社説明会で質問する時には、最低限のマナーを守りましょう。質問する時のマナーは以下の通りです。

《企業説明会質問のマナー》

  • 大学名と名前を名乗ってから質問する
  • 担当者が聞きやすいように大きな声でハッキリ話す
  • 結論から話し、簡潔に質問する
  • 他の人がした質問と同じような内容を聞かない
  • 1度に複数の質問は控える

これらのマナーを前提として、質問するように心がけましょう。

 

就活生必見! 会社説明会での良い質問の例文5つをご紹介

企業説明会で質問のマナーに配慮するとしても、具体的な質問の例を知らなければ、知らないうちにマナー違反となってしまう可能性もあるかと思います。そこで、就活生必見の良い質問の例文と、悪い質問の例文を紹介します。

まずは、良い質問の例文を5つ紹介しますので、1つずつ練習をしながら腑に落として行きましょう。

 

具体的な業務内容の質問

具体的な業務内容は、求人情報だけでは分からないことが多いため、会社説明会で質問する価値があるでしょう。ほとんどの会社説明会では、先輩社員や上司となりえる社員が質問に答えてくれるため、日常業務を詳しく聞くことができます。

《具体的な業務内容の質問例文》

  • 始業から終業まで、平均的なスケジュールを教えてください
  • 業務の忙しい時期や波はありますでしょうか?
  • 日々の仕事で重要視されていることは何ですか?

仕事内容の詳細を知ると、志望動機が整理できますので、具体的な質問は就活において効果的だといえるでしょう。

 

入社後のやりがいに関する質問

入社後のやりがいに関する質問も良い質問です。入社後に仕事にやりがいが持てるかどうかで、社会人生活の彩りは大きく変わるからです。回答の内容や雰囲気から、本当にやりがいを感じているかどうかも見ると良いでしょう。

《入社後のやりがいに関する質問例文》

  • 日常業務でやりがいを感じる時はどんな時ですか?
  • 今までで最もやりがいがあった仕事はどんな内容ですか?
  • 会社員生活の中で、やりがいが変わったことはありますか?

やりがいも、その会社の面接を受けるかどうかの判断基準になりますので、聞いておくことをオススメします。

 

必要な能力に関する質問

志望する会社で、どのような能力があると有用となるのかを聞いておくのも良いでしょう。企業は適材適所を前提に人員配置をするため、自分がその会社に相応しいかどうかの判断を、受験前に行うことができます。

《必要な能力に関する質問例文》

  • 成績が優秀な方に共通する能力はどんなところですか?
  • 入社前に得て置いた方が良い知識やスキルはありますか?

これらを事前に備えることができれば、面接時の自己PRが有利となるでしょう。

 

入社を志した理由に関する質問

先輩社員は採用試験に合格しているわけですから、採用試験を受けていた時の志望動機を知っておくと参考になるでしょう。会社説明会だからこそ聞ける生の声ですので、聞いておくと良いでしょう。

《入社を志した理由に関する質問例文》

  • 御社に採用試験を受けられた時の志望動機を教えてください
  • 入社前に志望動機とされていたことは、達成されていますか?

先輩方の志望動機をそのまま真似することはオススメしませんが、自分の志望動機作成の際に役立ちます。また、そもそも受験するかどうかの判断としても良い判断材料となるでしょう。

 

職場環境に関する質問

職場環境に関する質問も重要です。いくら能力に適性があるとしても、職場環境と合わなければ、悩みを抱えて仕事をしなければならなくなるかも知れません。職場の雰囲気も質問しておくと良いでしょう。

《職場環境に関する質問例文》

  • 社風の良いところと悪い所を教えてください
  • 新入社員が一人前になるのは何年目くらいと感じますか?

就活する上で、企業を選ぶ際には合う合わないも大切なので、職場環境も重要な要素と考えておきましょう。

 

就職活動生にありがちな5つの悪い質問

会社説明会では、自分が知りたい情報だからといって、何でも聞いて良いというものでもありません。マナーを外した質問をしてしまうと、担当者から嫌がられるだけでなく、他の参加者から白い目で見られ、恥ずかしい思いをすることもあります。

そのようなことにならないために、就職活動生にありがちな悪い質問5つの例文を紹介しますので、反面教師として知っておくと良いでしょう。

 

終業時間に関する質問

終業時間通りに帰れるのか、残業がどれくらいあるのかは、しっかりと聞いておきたい内容ではありますが、質問の仕方によってはやる気がないという印象に捉えられる可能性があります。

「毎月残業は何時間くらいありますか?」と聞く人が多いのですが、もしも聞くのなら「残業が有っても構いませんが、どれくらいの時間を想定しておけば良いでしょうか?」というふうに、前向きさを付け加えておきましょう。

 

ノルマや目標に関する質問

ノルマや目標に関する質問も好印象には捉えられにくい質問です。なぜなら弱腰に映ってしまうからです。

また、質問をしても意図的に厳しく回答し「厳しいノルマは覚悟してください」と学生をふるいにかけたり、「ノルマ設定はありますが、達成していれば評価してもらえます」とはぐらかされる場合もあります。そのため、質問する意味合いが薄いと考えておきましょう。

 

自分で調べればすぐ分かる質問

自分で調べれば分かるのにも関わらず、説明会で質問をすると、担当者からも他の学生からも嫌がられます。担当者からは「調べてから参加すればいいのに」と思われるでしょうし、他の学生からすると「説明会の限られた時間に、少しでも普段聞けない情報を持ち帰ろうとしているのに、時間の無駄だ」と思われるでしょう。

「経営理念を教えてください」「経常利益率を教えて下さい」「従業員数を教えてください」などと聞く学生もいますが、事前にちゃんと調べておきましょう。

 

質問のための質問

説明会の中で疑問が消化され、質問したいことが残っていないのに、顔を覚えてもらいたいからという理由で無理な質問をする学生もいらっしゃいます。このような場合には「質問のための質問」であるため、中身のない質問となりがちです。

一線で活躍している社会人は、このようなことを見抜いてしまいますので、無理な質問をするくらいなら、質問をしない方が無難です。

 

一概に答えられない質問

一概に答えられない質問も時間の無駄となりがちです。たとえば「社員の皆さんは御社で働いて幸せですか?」とか、「退職された方の理由は何ですか?」のように、社員ごとに個別の思いや事情を持っていることを、抽象的に質問をすると、答える人も困るでしょう。

他にも、配属される部署や将来の給料、非公表の離職率なども回答しにくい項目だと知っておきましょう。

 

会社説明会で良い質問をするコツ

良い質問と悪い質問の具体例を紹介してきましたが、悪い質問を反面教師とし、良い質問を1つずつ練習をして自分のものにするのは難しいと感じた人もいらっしゃるかも知れません。そこで、質問を良くするためのコツを紹介したいと思います。

 

質問内容を具体的で明快にする

良い質問をするためのコツは、質問内容を具体的にして、明快にすることが大切です。質問内容が抽象的だと答えも抽象的になり、受験の際の参考となりませんので、具体的な質問を心がけましょう。

また、結局何を聞きたいのか分からないという人もいらっしゃいますので、結論から話し、聞きたいポイントを絞りこむことも重要です。ポイントを絞り込むと、質問内容が明快になりますので、質問を受けた人も答えやすくなります。

 

相手の立場に立った答えやすい質問をする

いくら質問が具体的で明快だったとしても、相手が答えにくい質問をすると、配慮に欠けると思われるかも知れません。質問を受けた人が知り得ない情報や、回答する権限がない内容、悪条件の回答しかできないような質問は控えた方が良いでしょう。

回答する人への思いやりも、新社会人としての配慮だと考える必要があります。説明会の場の空気を損なわない配慮も就職活動では重要となります。

 

他の人にも有益な質問をする

質問をする場合には、他にもたくさんの学生が出席していることを認識しましょう。自分だけが欲しい情報ではなく、会場にいる学生みんなが欲しい情報を答えてもらえる意識も大切です。

質問する人は、必ずしも全員ができるわけではありません。時間の都合や、大勢の前で質問することが苦手な人など、さまざまな事情で制限される場合があります。そのため、自分が他の人を代表して質問するという意識で会社説明会に臨みましょう。


会社説明会だからこそ聞けることを質問しよう

会社説明会は、学生が現役の社会人から直接情報をもらえる貴重な機会です。そのような貴重な機会に、ピントが外れた質問をしてしまうともったいないので、質問力を上げておく必要があります。

調べれば分かる質問や、聞いても聞かなくても結果が変わらない質問は、その場にいる全員の時間を無駄にしてしまいますので、会社説明会だからこそ聞ける有益な情報を、マナーの範囲で聞くことが大切です。社会人になってからも役立つスキルですので、ぜひ習得しておきましょう。

■会社説明会の基礎知識。服装は?良質問や持ち物、遅刻や欠席、トラブル対策(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。