合同会社説明会を有効に活用するポイント(新卒向)

合同会社説明会を有効に活用するポイント(新卒向)

会社説明会

就職活動の中でも合同説明会は気軽なイメージがありますね。企業説明会や会社説明会と違って気楽に参加でき、それでいて何となく就活している気分になるものです。

しかし、合同説明会を内定につなげるためには、そのような態度で臨んではいけません。有意義な日にするためにはポイントがありますので、新卒の就活向けにこれから解説していきましょう。

1.気軽な雰囲気が魅力の合同説明会。しかし気軽な気持ちで臨むのは危険です

合同説明会は多くの企業が一同に会する就活イベントですので、なんだかお祭りのような気分になりますよね。

企業説明会や会社説明会と違って、気軽な雰囲気が魅力でもあります。しかし、気軽な気持ちで参加するのは危険です。

なぜなら、そこに参加している企業は、これから新卒の採用選考をする企業だからです。公式な選考の場ではありませんが、だからといって相手に対し失礼な態度を取ってはいけません。

企業側は説明会に参加後、参加記録を作成し上長に報告しています。その際に印象が良かった学生と併せて、問題のある学生も報告されているかもしれません。

従って合同説明会といえども、選考の場合と同じような心構えで臨むことが大切です。

2.合同説明会で話を聞ける企業数は限られる。そのため、事前調査は必須!

合同説明会の会場が開いている時間は限られていますから、時間内に話を聞ける企業数も限られます。

後の就活をする上で有意義な日にするためにも、興味のある企業の情報を聞きたいものですよね。そのためには面倒でも、参加する企業の事前調査が欠かせません。

事前調査は合同説明会でどの企業ブースを訪れるかを選ぶことが目的です。そのため、一から十まで調べる必要はありません。

志望する業界や職種で絞って、残った企業を詳しく調べると良いでしょう。

各企業のWebサイトを調べていくと、疑問に思ったことがいくつか出てくると思います。

出てきた疑問点を企業ごとにメモしておきましょう。

「説明を聞きたい優先順位」を決めておくと、会場でブースを回る際に役立ちます。

3.いざ合同説明会会場!会場内でのポイント

合同説明会当日、会場内で過ごすにはいくつかのポイントがあります。順に説明していきましょう。

3-1.企業ブースを回る順番は臨機応変に

合同説明会当日、会場でどの企業ブースをまわるか決めるようでは、あまり実りのない結果に終わるでしょう。

有意義な日にするためには、説明を聞きたい企業を優先順位をつけて回ることが必要です。

但し、実際に会場内を見てみると、各企業ブースの集まり具合には差があるものです。

優良企業かどうかにかかわらず、無名企業には学生が集まらない傾向にあります。もしあなたが説明を聞きたい企業のブースがガラガラなら、先に説明を受けるのも手といえるでしょう。きっと丁寧に説明してもらえます。

またあなたの印象次第で、今後の選考が有利に進む可能性もあります。

3-2.休憩中でも気を抜かず、きちんとした振る舞いを

合同説明会の会場内では、どこであなたの振る舞いが見られているかわかりません。

企業ブースでは礼儀正しく対応していたのに、休憩所でだらしない格好を見られてしまったのでは、「この人は裏表が激しい」と判断されてしまい今後の選考に影響しかねません。

逆に学生にとっても、企業を見定める機会になります。企業ブースではきちんと対応していた会社も、喫煙所や休憩所で延々と説教したり、他社の機密情報をしゃべり続ける等の行為があるかもしれません。このような会社に入社したくはないでしょう。

3-3.会場内のセミナーは、興味があれば参加しましょう

会場内では、セミナー等が開催される場合があります。内容に興味があれば参加する程度で良いでしょう。無料で話を聞けるのは魅力ですが、無理して参加する必要はありません。

4.合同説明会で確認した内容を、就職活動に活かしましょう

合同説明会は、参加しっぱなしではいけません。就職活動に活かすことが重要です。合同説明会に参加したことが意義のあるものになるよう、以下の点に留意して進めましょう。

4-1.合同説明会で確認した内容を整理しましょう

まず、合同説明会で確認した内容を整理しましょう。その中で「この企業には応募したい」「この企業は見送り」という仕分けができるものです。

応募したい企業が決まったら、合同説明会で確認した内容をES記入の際に活用するなど、就職活動につなげる動きができれば良いと思います。


4-2.訪問した企業からのアプローチに備えましょう

たいていの企業は、合同説明会に参加した学生の中で「ぜひ採用したい」「選考をしたい」という人がいるものです。このような学生には、後日企業からアプローチがある場合があります。

このアプローチに的確に回答するためにも、合同説明会で確認した内容の整理は早めに行う方が良いでしょう。できれば「応募する・しない」程度でも参加した当日中に仕分けしておきたいものです。

■会社説明会の基礎知識。服装は?良質問や持ち物、遅刻や欠席、トラブル対策(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。