就活の企業説明会「服装自由・平服・私服」の違い

就活の企業説明会「服装自由・平服・私服」の違い

会社説明会

最近の企業説明会では、「服装自由」「平服でお越し下さい」というものや、中には「私服でお越し下さい」というものまであります。私服といっても、この場合はビジネスカジュアルを指しますから、普段着といってもジーンズはいけません。またアパレル業界等では、学生のファッションセンスを見る目的もありますので、服装の選択には気を使いましょう。

企業が普段着を指定してくる意図

企業説明会で普段着を指定してくる意図は、いくつかあります。その内容をみてみましょう。

学生がリラックスして参加して欲しい

ただでさえ緊張する企業説明会、そして慣れない場所に行くのに、スーツを着用するとさらに緊張度が増します。就職活動を進めると要領がわかってきますからある程度慣れてはくるものの、やはり就活生にとって緊張することには変わりません。緊張のあまり、説明も上の空で聞くのでは困ってしまいます。

そのため、せめて服装だけでも普段通りにしてもらい、リラックスした気持ちで説明会に臨んで欲しいという企業側の配慮があります。そこには、普段のあなたを出して欲しいという意図があります。

 

選考の一部として学生のセンスを見たい

アパレル企業やデザイン系企業は、「自分らしい服装でお越しください」と指定される場合もあります。この場合、服装を見ることで学生のファッション感覚を試す意図があり、選考の一部となっています。

 

「私服でお越し下さい」と「服装自由」「平服でお越し下さい」の違い

企業説明会の服装指定には、「私服でお越し下さい」という場合と、「服装自由」「平服でお越し下さい」と書かれている場合があります。
この2つには、スーツでの参加が可能かどうかという点において大きな違いがあります。それぞれについて、詳しくみていきましょう。

「私服でお越し下さい」と書かれていた場合

もし企業説明会の服装に「私服でお越し下さい」と書かれていた場合は、スーツ以外の服装で参加しましょう。

アパレル企業やデザイン系企業は、服装選びも試験項目の一つとなります。そのため、自分を表現できる服装選びが必須です。服装選びは大変ですが、自分をできるだけ表現できる服装を選びましょう。もちろん清潔感は第一です。また選んだ理由も簡単に説明できるよう、準備しておきましょう。

それ以外の企業の場合は、ビジネスカジュアルが無難といえます。
男性ならノーネクタイに落ち着いた色のジャケットとスラックス、白や落ち着いた色のシャツに革靴が良いでしょう。女性なら白のインナーに、落ち着いた色のジャケットとスカート又はパンツ、靴はパンプスが良いと思います。靴下の色や、女性ならストッキングの色に気を配ることも大切です。

企業でもクールビズやウォームビズの一環としてビジネスカジュアルの服装が定着していますから、悩むようならばこのような服装を参考にすると良いでしょう。ビジネスカジュアルとされる服装は多種多様ですから、Webなどでコーディネートの例をいろいろ調べてみるのも良いと思います。


「服装自由」「平服でお越し下さい」と書かれていた場合

企業説明会の服装に「服装自由」「平服でお越し下さい」と書かれていた場合は、スーツで参加するのが無難といえます。実際に会場に着くと、スーツを着用した人が多いことに気づくでしょう。但し、ビジネスカジュアルでも問題はありません。

■会社説明会の基礎知識。服装は?良質問や持ち物、遅刻や欠席、トラブル対策(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。