「キャリアプランは?」内定につながる就活エントリーシートの書き方

「キャリアプランは?」内定につながる就活エントリーシートの書き方

エントリーシート(ES)

キャリアプランをエントリーシート(ES)で質問されることがあります。何故、就活生にキャリアプランを問うのでしょうか?

今回は、エントリーシート(ES)でキャリアプランを質問されたときの、面接官の意図や、考え方、書き方を解説します。

 

1.エントリーシートでキャリアプランの設問、その意図は

採用担当は何故、書類選考でキャリアプランを問うのでしょうか?

働いてもいない学生にキャリアプランを問うことは、「無茶」ということくらい、企業もわかっています。

それでもあえて問う理由は、以下の3点にあります。

1-1. 学生が「将来どう生きたいか」を見たいため

ESには過去・現在・未来と3種類の時間軸にわたった設問がありますが、このキャリアプランは未来に向けた設問項目です。

つまりキャリアプランを問うことによって、学生が将来どういう人になりたいか、また将来何をしたいのかを垣間見ることができます。

極端な話ですが、例えば難病を治療するための薬をつくりたいという人と、そこそこに働いて良い人に巡り逢えたら寿退社という人では、求める企業も就職先も異なるでしょう。

1-2. 企業研究をきちんとしているかをチェック

ESのキャリアプランを見ると、自分の希望だけを書いているものと、企業の方針を考慮したものがあります。

良い評価を受けるESは、自分の希望する生き方に加えて、企業の方針を考慮したキャリアプランが書かれているものです。

なぜなら、それは企業研究をきちんと行っていることを証明しているからです。

各企業には、それぞれ「入社何年目の従業員にはこの業務」というような、キャリアパスの目安があります。

また、企業が求める人材像というものもあります。そのため、キャリアプランを書く際はこれらの内容を参考にして書くことが望ましいでしょう。

企業研究をしないままキャリアプランを書くと、往々にして各企業が採用するキャリアパスや人材像と大きくかけ離れた内容となってしまいますので、良い結果につながりません。

1-3.企業の注力事業や期待する事業に着目しているか

企業には、注力事業やこれから期待する事業というものがあります。

企業はこのような事業に人を多く割り当てる傾向にありますから、キャリアパスを書く際にはこの点にも着目しておくと良いでしょう。

 

2.キャリアプランを書くために必要なこと

採用されるESには、良いキャリアプランが書かれているものです。
ここまで説明した通り、良いキャリアプランを作るためには、その場で一生懸命考えても書けません。
予め応募する企業の求めるものを知り、自分の目指す方向とどれだけ一致するかということを考えて記入する必要があります。

2-1.自己分析

良いキャリアプランを記入する上での第一歩は、自らを知ることです。自分が何をしたいのかもわからなければ、能動的に動くことはできませんから、企業内で主導的な立場を任されることもありません。

自分はどう生きたいのか、何をしている時に生き生きしているのか、また逆にやりたくないことは何かなど、様々な角度から知ることが大切です。

2-2.企業研究

良いキャリアプランを作るためにもう一つ大切なことは、各企業を知ることです。

自己分析で知った内容を土台にして、これを企業が求める人材像やキャリアパス等にどう適合させていくかを考えることが大切です。

今はWebサイト等でさまざまな情報を入手できるようになりました。もちろん情報は玉石混交ですから、これは確かな情報なのか?ということを考えながらチェックすることが求められます。

また、企業のWebサイトでは表現を工夫し、自らに不都合な書き方をしない場合も多いものです。そのため、掲載されている情報を深読みする能力も求められます。

2-3.OB訪問、OG訪問

企業研究の一つの方法として、OB訪問という手段もあります。

先輩が数年後にどのような仕事をしているかを実際に伺うことができます。

そして、イメージも膨らみますし、Webサイトに掲載されていない、企業の本当の情報を知ることができますので、良い方法です。

OB訪問をする際は雑談だけで終わることのないよう、質問したい内容をあらかじめリストアップしておくことが大切です。

できれば、会話の流れを崩さず、自然な流れで質問できるとより良いでしょう。

■就職活動のOB訪問、依頼からお礼まで、流れを解説(まとめ)

 

2-4.過去のESを研究する

志望する企業が有名企業ならば、Webサイトに採用された先輩のESが掲載されている場合があります。

この内容を見て、採用されるポイントをチェックすることも一つの方法です。
但し、この内容をそのまま書いても採用には至りません。

企業は同じような人は何人もいらないからです。

そのため、あくまでも採用されるポイントをつかむ程度にとどめることが大切です。

 

3.キャリアプランをどう書くべきか?

キャリアプランの書き方は、応募する企業によって異なります。ここでは、おおまかな企業の傾向をみていきましょう。

3-1.官公庁や、ある程度歴史のある企業の場合

官公庁や、ある程度歴史のある企業の場合は、求める人材像やキャリアパスがある程度決まっていることも多いものです。

この場合は企業研究を入念に行い、企業の求める人材像やキャリアパスになるべく合わせる必要があります。

もし大きくかけ離れたキャリアプランを書いてしまうと、書類選考の通過率は下がってしまいます。

もっとも、最近の企業は新規事業や改革といった、新しいことに取り組む場合も多いです。

このような内容は、プラスアルファとして記入することが望ましいでしょう。

3-2.ベンチャー企業の場合

ベンチャー企業に就職する場合は、経営トップが進める事業方針がどのようなものかを確認しておかなければなりません。

もし経営トップが「特定の事業を推し進める」という方針であれば、キャリアプランもこの方針に沿ったものでないと書類選考通過はおぼつきません。

しかし、トップが「稼げる事業に進出する」「社員からも新規事業のアイデアを」などという方針であれば、むしろ自分が考えているキャリアプランを書いて提出した方が有利になる場合もあるでしょう。

この場合、応募している会社で過去にどのような事業が行われていたかということについては予め調べておく必要があります。

4.まとめ

エントリーシートの記入においてキャリアプランの設問は、自己分析はもちろん、企業研究もきちんと行っているかを問われる設問です。

そのため、どちらが欠けても良いキャリアプランを記入することはできません。

またエントリーシートで記入したキャリアプランを面接の場で訂正することは、「書いている内容と違う」という印象を与えるため好ましくありません。

そのため、キャリアプランはよく考えた後に記入することが大切です。

就職活動は学業との両立もしなければならず、記入する時間を取ることも大変かもしれません。

しかし、社会に出てからは限られた時間でどれだけ深く考えられるかということも実力の一つとして問われますので、今はその訓練の場と考え、内定を得られるように努めましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。