エントリーシートの封筒はどうする? 就活で使えるES郵送時の作法を解説

エントリーシートの封筒はどうする? 就活で使えるES郵送時の作法を解説

エントリーシート(ES)

エントリーシート(ES)の提出方法には、大きく分けて2つの方法があります。WEB上でのエントリーと、もう一つが郵送による提出方法です。WEBでのエントリーと異なり、郵送での提出はどのように送付すれば正解なのか迷いますよね。エントリーシートは非常に大切なものです。ミスのないように、今回は企業へのエントリーシートを郵送するときの封筒の種類や書き方などのポイントを説明します。

封筒に入れる前に、エントリーシートを再度確認しよう

郵送する前に、エントリーシートそのものをチェックしておきましょう。一度封筒を送ってしまってからでは訂正は困難です。

具体的には、以下の項目をチェックしておきましょう。
・情報は正確に書かれているか
・修正ペンを使っていないか(修正ペンでの修正はNGです。)
・字は丁寧か
・写真の裏に氏名・所属が書かれているか。

また、自分用にエントリーシートをコピーしておくと安全です。面接前にそれを見ておくことで、書類の内容と面接での発言に矛盾が出るのを防げます。

 

封筒の選び方

エントリーシートそのものに不備がないか確認したら、次にそれを入れる封筒を選びましょう。

まず大きさは入れる書類がぴったり入るものを選びましょう。そうすると書類そのものに折り目がつかず、丁寧な印象を与えられます。また受け取った人が書類を広げる手間もかからないため、相手にとって時間の削減にもなります。例えばA4の書類は、角2の封筒に入れるのがベスト。

また色は白いものを選ぶのが無難です。

送付状があると親切

送付状とは、その封筒に何が入っているのかを示した書類のことです。特にエントリーシートに加えて成績証明書など複数の書類を送るときに同封しておきましょう。

送付状には以下の内容を書くのが基本です。
・宛名
・自分の所属、氏名
・挨拶
・同封した書類の一覧

また送付状はパソコンで書いたものを印刷しましょう。そのときに送付状のテンプレートを作っておけば、毎回一から送付状を書く手間を省けます。

クリアファイルで書類を保護

書類はクリアファイルに入れておくことをおすすめします。それによって、折れや汚れを防げるからです。郵便局の方々は丁寧に配送してくださるでしょうが、それでも雨や折れの心配が完全になくなるわけではありません。

またクリアファイルそのものについては、折れや汚れがないものを使うのが基本。使い古して汚れてしまったクリアファイルは、あなたの印象を悪くする可能性があるため、おすすめできません。クリアファイルは100円ショップなどでも売っているので、新品を使うようにしましょう。

字は丁寧に

エントリーシートそのものと同様に、宛名などは丁寧に書くのがおすすめです。たとえ字を書くのが上手でなくとも、走り書きはしないようにしましょう。雑に書いた字は、「この人は入社する気がないのでは…?」と相手に受け止められてしまうからです。たとえ下手でも、止めはねなどを意識して丁寧な字を書きましょう。

封筒の書き方で印象UP

封筒に宛名なども、以下の注意点を守って書きましょう。

表面の書き方
・住所や宛名は略さず正確に書く。(例.「1-2-3」ではなく「一丁目二番三号」)
・宛名は中央に、特に相手の氏名や企業名は大きく書く。
・相手の氏名には「様」、企業名には「御中」をつける。
・左下に「応募書類在中」と目立つように大きく書く。
・切手の金額は正確に。不安であれば郵便局の方に聞く。

裏面の書き方
・封筒の中心より少し右に住所、少し左に氏名と所属を書く。
・糊付けした部分の真ん中に「〆」あるいは「封」と書く。
・左上に投稿した日を記入。

会社にはたくさんの郵便物が届きます。エントリーシートや履歴書は重要な個人情報です。しっかりと「応募書類在中」と目立つように大きく書きましょう。


まとめ

面接で第一印象が重要であるのと同様に、郵送でも封筒の印象がまず大事です。それだけで判断される、というわけではありませんが、印象を良くしておくに越したことはないでしょう。
郵送時のマナーをしっかりと押さえて、自分の印象を悪くしないようにしましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。