「特技」は何を書けばいいの? 新卒向け就活の履歴書に特技を書くコツ(例文あり)

「特技」は何を書けばいいの? 新卒向け就活の履歴書に特技を書くコツ(例文あり)

履歴書

就職活動の履歴書で特技欄の記入が必要な場合があります。この特技の欄には一体何を書けばよいのでしょうか。「自分には特技なんてない…」と思っている人はどうしたらよいのでしょうか。今回は就職活動で使う履歴書の「特技」を書くコツを新卒向けにご紹介します。

履歴書に特技欄がある理由

そもそもなぜ履歴書には特技を書く欄があるのか、あまり意識して考えたことのない人が多いのではないでしょうか。「空白を作りたくないから」「何もしてこなかったと思われたくない」という理由で深く考えず適当に書いてしまう人もいるでしょう。

そんな履歴書を読んだ面接官はあなたにどのような印象を持つのでしょうか。履歴書を書く前に項目の意図と面接官がどのように読むのか考えてみましょう。企業側の意図や気持ちを考えることは就職活動を上手く進めるために必要なことです。

多くの企業は履歴書に書かれた内容からあなたの性格を読み取り、面接で質問する内容を考えます。実際、面接の席でも履歴書を見ながら質問していくことがほとんどです。履歴書の中でも特技は実際の業務とは関係のない質問に使われます。

もちろんあなたの特技が業務に結び付いていれば企業側も特技を深掘りする質問をしてくるでしょうが、大抵の場合はあなたの性格を推し量るために特技は用いられます。特技は話のきっかけにしやすいので就活の際に使う履歴書の項目になっているというわけです。

これらの理由から、履歴書に書く内容によって面接で聞かれる質問を誘導できることが分かります。あなたの側で面接の内容をコントロールできるということです。

反対に特技がないからといって「特になし」と書いてしまったらその分話すことがなくなることになります。就活を上手く進めるためにも履歴書を企業がどのように見ているのか考えながら特技欄を書くようにしましょう。

 

自分には特技なんてない…と思い込んでいませんか?

もしも、あなたが人並外れた特技や経歴を持っているのだとしたら履歴書に特技を書くのは簡単だと感じるでしょう。数学オリンピックで好成績を取った、スポーツ大会で優勝など・・・。でも、それはレアケースであり、世の中の多くの人は、そんなスゴイ経歴を持っていません。「自分には特技なんてない」「特技欄に書くことがない」、ほとんどの人がそうでしょう。

では、履歴書の特技には何を書いたらば良いのでしょうか?

大学生活を振り返ってみてください。授業やサークル、アルバイトなど経験してきたことはたくさんあるはずです。他にも実家を出て一人暮らしをしている人、ボランティア活動をした人もいるでしょう。どれも日常的にやってきたことだから特技ではないと考えていませんか。

特技は「人よりも優れたこと」だけではありません。普段何気なくしている行動の中にも特技といえるものは存在しています。

特技を探す方法は、これまでやってきたことや、周囲に言われたことのある自分の良いところを紙に書き出してみましょう。

そして、単に「サッカー」などと簡潔に記載するのではなく、受賞があるならば賞を、ないならば続けた年数などの数字を、もしくは、自分の人柄をイメージできるような文言を追記して記載しましょう。

頑張ってきたこと
「サッカー(小学生からはじめ、中学で県大会出場)」
「ピアノ(5才からはじめ、コンクール出場)」
「吹奏楽部(中高6年間)」
「ビール販売(1日100杯の記録)」

趣味や生活の中から
掃除(整理整頓が好きで、効率的を考えるのが好きです)
料理(美味しそうに食べている人の顔を見るのが好き)
道案内(迷っている人を見かけたら自分から話かけます)
悩み相談(解決できなくても、相手がすっきりするまで付き合います)


特技欄であなたの人柄を伝えよう

履歴書の特技の欄はどんなことでも書けます。重要なのはスゴイ特技を書くことではなく、面接官と向き合ったときに、あなたがどれだけ自分のことを説明できるかです。

そして、そこから見える人柄を採用担当者は評価します。自己PRでは伝え切れなかった、あなたの人柄を伝える一つの手段として履歴書の特技欄を有効活用しましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。