就活の履歴書「性格欄」の書き方で就職活動を有利に進めよう

就活の履歴書「性格欄」の書き方で就職活動を有利に進めよう

履歴書

履歴書で「性格欄」の記載を求められる場合があります。一口に自分の性格を説明するといっても、どう書いていいか悩んでしまいますよね。

就職活動においてほとんどの面接では、あなたが提出した履歴書に従ってあなたに質問を投げかけてきます。履歴書の性格の書き方のポイントをしっかり覚えて、就活を有利に進めましょう。

 

企業が求める3つのポイントと書くべきこと

企業はなぜ学生に性格をたずねるのでしょうか?

能力さえあれば性格はどうでもいい、と思ってしまいがちですが、企業側も採用活動は「自社に貢献する人材」を選別する活動であると同時に、「一緒に働く仲間」を見つける活動でもあります。

一緒に働く仲間は、少しでも職場の雰囲気に合っている人間や、気の合う人の方が良いですよね。

 

しかし学生からすると

・書き出してみたはいいけど、これが志望する企業にとって魅力的に映るのか?
・正直に短所を書いてしまってもいいのだろうか?
・特にこれといった特徴がないけれど大丈夫のなのか?

このような不安が尽きないと思います。

では、企業は履歴書の性格について、何を重視しているのでしょうか?ここでは、企業が重視する履歴書の性格の書き方のポイントを3つ紹介します。

 

自己分析が出来ているか?

まず、企業は自己分析ができているかどうかを見ています。

深く自分のことを理解していない人は、自分のどの部分が良くて、どの部分が悪いのか理解していません。

なぜなら、長所と短所が分かっていなければ、自分の能力を満足に活かすことができません。また、自分を理解できていないことが原因で、就職したものの業務や職場の雰囲気が合わずに退職してしまう、といったミスマッチが起こる可能性も高くなります。

 

自分で考えることはもちろん、家族や友人など他人の力も借りて、自分はどういう人間なのかを深く理解しましょう。そして、履歴書には自分の性格を出来る限り正確に書きましょう。

 

例えば、「私は〜人間です、なぜなら〜だからです。」といったように、論理的に整合性があると、正確に自己分析できていることが伝わりやすくなります。また、リクナビNEXTのグッドポイント診断など、就職活動用の性格分析ツールを使うのもお勧めです。

 

何が得意なのか分かりやすいか?

次に、企業は、この人は何が得意なのか?という部分を見ています。

企業の規模が大きくなればなるほど、その中の業務の幅は多岐に渡ります。経理部、人事部、企画部といったように、企業の中にはありとあらゆる仕事があります。

そして就職活動において、自分の性格を分析して、長所をはっきりと述べることができれば、面接官にとって魅力的に映ります。なぜなら、「この人はあの業務で活躍できそうだな」や、「この人は新規事業に必要な人かもしれない」といったように、企業側が勝手に自社の仕事に当てはめて考えてくれるチャンスが生まれるからです。

例えば、「粘り強く物事に取り組むことができます」とはっきりと述べることができれば、企業側が「この人は開発部で活躍できそうだな」と実際の業務に当てはめて考えてくれて、採用のチャンスが広がったりします。

履歴書に性格を書くときは、自分の長所はうやむやにせずにはっきりと述べ、自分が就職する上で何が得意な人材なのか分かりやすくしましょう。

人として信用できるか?

最後に、企業はこの人は人として信用できるか?という部分を見ています。

履歴書に記入されている長所と短所のバランスが悪いと、企業側にこの人は信用できないと判断されてしまいます。

なぜなら、履歴書に長所ばかりを書いていたら、企業側は「嘘をついているのではないだろうか?」、「この人は自分の欠点に気付いていないのではないだろうか?」と不信感を募らせてしまうからです。

逆に短所ばかりを書いていても、「この人のどの部分を活かしてあげればよいのか分からない」と判断されてしまってアピールすることができません。

履歴書の性格は、長所と短所をバランスよく書きましょう。

例えば、「長所→短所→短所を補うための工夫」といったように、短所と長所を両方バランスよく書くことができれば、長所をしっかりとアピールすることができる上に、正直であることが伝わって、人として信用されやすくなります。

また、最後に短所を補う工夫も書くことで、問題解決能力を持っていることをアピールでき、評価を高めることができます。

長所はしっかりと主張した上で、短所も正直に書き、人としての信用を高めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
履歴書の性格は、就職活動をするうえで、能力と同じくらい重視される部分です。

自分の性格をしっかりとアピールできれば、たとえ能力が足りなくても志望企業に採用されるかもしれません。

企業が重視している3つのポイントを押さえ、性格の書き方をマスターすることで、周りと差をつけてしまいましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。