就活の履歴書「力をそそいだこと」「頑張ったこと」のガクチカの書き方(例文あり)

就活の履歴書「力をそそいだこと」「頑張ったこと」のガクチカの書き方(例文あり)

履歴書

新卒の就職活動、履歴書やエントリーシートの書き方で悩むことも多いと思います。

今回は「学生時代に力をそそいだこと」「学生時代に頑張ったこと」「学生時代に力をいれたこと」いわゆる「ガクチカ」を問われたときの、書き方を例文つきで紹介します。

基本をおさえて「学生時代に頑張ったこと」を表現して、他の就活生との差別化をしましよう。

履歴書を書く前に理解しておくべきこと

まず履歴書の「学生時代に力を注いだこと」を書く前に理解しておくべきことがあります。

それは学生時代の4年間で経験することは大体どの学生も同じであるということです。

なかなか学生時代に自分しかしていない貴重な体験や経験を積んでいる学生は多くありません。

そのため、自分が経験してきたことでの差別化を図ろうとするのではなく、自分が経験したことから自分がどのようなことを学び、どのような考えを持って次に活かす努力をしたか? などの思考の部分で他人と差別化を図るようにしましょう。

以下では実際に「学生時代に力を注いだこと」「学生時代に頑張ったこと」を書くために押さえておくべきポイントを3つ紹介します。

書き方のポイントは3点

1.結論→詳細の順番で簡潔に

これは履歴書のどの項目を書く時にでも当てはまりますが、限られた枠の中でより多くの情報を伝えるためには、だらだらと書くのではなく、結論から順に書くことがポイントです。

数多くの履歴書を確認しなくてはいけない面接官の立場になって考えてみると、一人一人の履歴書に目を通す時間は長くありません。
そんな少ない時間の中で相手に内容を読んでもらうためには、相手にとって病みやすい工夫が必要となります。

そこで内容を書く際には「一番言いたいこと」を結論として最初に書き、それを裏付けるエピソードや経験を書くようにしましょう。

2.抽象的な表現ではなく具体的に(PRしたいところは一つに絞る)

「たくさんアピールしたい!」という気持ちはわかりますが、文字数が限られている中で伝えられる情報の量は限られています。

伝えたいことをすべて伝えようとすると、結局何が言いたいのかが曖昧になり、抽象的な情報しか残りません。そのため、数ある書きたい内容の中で、最も応募する会社とリンクする内容のものを一つだけ選び、それについて具体的に書くようにしましょう。

3.経験を仕事にどのように活かしたいと考えているか

冒頭でも触れていますが、大学4年間で経験することはどの学生も変わりがなく、面接官の想定の範囲内である場合がほとんどです。

似たような経験をしている学生の中で差別化を図るためには、自分がしてきた経験が、就職する企業でどのように活かせるのか? どのように活かして取り組みたいと考えているのか? ということが大切です。

履歴書はあなたの経験を自慢するところではなく、あなたのやる気を企業に知ってもらうためのものであるため、自分がしてきた経験を生かして活躍したいという前向きな思いを伝えましょう。

履歴書に使える例文

ここでは紹介した3つのポイントを意識したすぐに使える例文を紹介します。

 

私が学生時代に、力をそそいだことは、サークル内のコミュニケーションです。

所属していたテニスサークルは、当初、私の年代と先輩の仲が悪く、練習や合宿の参加率も高くありませんでした。

私は、この問題を解決するべく、先輩たちの和に入って、コミュニケーションを積極的にとるようにしました。
同期からは「お前は先輩側だから」と冷たくされたこともありました。

両方の話を聞いているなかで、お互いのコミュニケーション不足が原因と考えるようになり、そこで、学年ではなく、学部単位で練習試合を企画しました。
つまり、テニスつながりでなく、授業やテスト、勉強を絡ませることで、気軽に先輩に頼れるような場をつくりました。

結果、先輩とのコミュニケーションが深まり、学部単位でやってい練習試合も、人数が増えていき、ほぼ全体で練習を実施できるようになりました。

この経験から、コミュニケーションの大切さと、あきらめずに別な確度から考えて解決策をみつけていくことを学びました。この経験が仕事にも活かせると考えています。


履歴書で重要なコツは、人柄を伝えること

ここでは、典型的なテニスサークル活動の事例を掲載しました。幹事や副幹事などのリーダー的な立場でない学生のアプローチです。

大切なことは、立派な業績や役職ではありません。エピソード通して、あなたの人柄が伝わることです。

内容は、勉強でも、アルバイトでも大丈夫です。凄い経歴が必要ではありません。

あなたなりの体験から、あなたの学んだこと、人柄を伝えましょう。

今回紹介した3つのポイントと例文を参考にして、あなたもオリジナルの「学生時代に力をそそいだこと」「学生時代に頑張ったこと」を書いてみましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。