履歴書は手書き・パソコンどっちが良い? 使い分けのルール

履歴書は手書き・パソコンどっちが良い? 使い分けのルール

履歴書

履歴書を書こうと思ったとき、どう書こうか悩んだことはありませんか?

履歴書を書く方法には、大きく二つあります。パソコン入力か手書きか、です。今回は、その2つの方法の使い分けと、それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

履歴書を書く際の、参考にしてみてくださいね。

迷ったら手書きの方がベター

結論から言うと、履歴書は手書きの方が失敗がありません。

2013年のライフネット生命の調査によると、「全く差はない」は68.3%、 「手書きで作成した履歴書での応募が有利」と答えた企業は28.7%です。

参照:新卒採用関係者の意識調査 | 生命保険・医療保険のライフネット生命(http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2013/4568.html)

その後変動はあったでしょうが、この数字が大きく減ったとは考えにくいでしょう。

まだ、3割弱の企業が「履歴書は手書き」と考えています。

つまりパソコンか手書きか、悩んだら手書きを選ぶのが無難なのです。

手書きには非効率な面があります。

しかし現状として、迷ったら手書きで出す方が失敗が少ないですね。

とはいってもこれはあくまで統計的な数字。

あなたが履歴書を提出する企業がパソコン、手書きのどちらがいいか、またはどちらでもいいか。

それは正直なところわかりません。

ただ企業側から指定があった場合は、それに従った方がよいでしょう。

また手書きがいいにしても、それはあくまで清書の時の話。

あなたがパソコンを好むタイプならば、パソコンで推敲を重ねてから、手書きで清書をすればよいでしょう。

また当然のことですが、パソコンか手書きかよりも、中身の方が大事です。

パソコンか手書きかで延々と悩むよりかは、並行して内容のブラッシュアップを進めた方がよいでしょう。

 

手書きでやるメリット、デメリット

履歴書を手書きで書くのには、以下のメリットとデメリットがあります。

手書きのメリット;人柄を出せる

字には、意識してるとは関係なしに人柄が表れます。

書類選考においては、志望者を通すか判断する材料は書類しかありません。

そこで手書きを選ぶのは、アピールチャンスを活かしていると言えるでしょう。

手書きのデメリット;時間がかかる

一方手書きには、時間がかかるというデメリットがあります。

例えば、自分の学歴を書く欄。内容は変わらなくとも、同じことを何度も、志望する企業の分だけ書かなくてはなりません。これを時間の無駄、と感じる方も多いでしょう。

対策として、最初から志望する企業の数を絞ることをお勧めします。

どんなに応募しても実際に入社するのは一社。ならば企業研究を慎重に行って、応募する企業の数を減らしましょう。

また手書きは誤字をすれば最初からやり直しです。というのも、修正液などでの修正は多くの場合マナー違反だからです。

ミスは完全には無くせません。丁寧さを心がける一方で、「ミスしてもOK」ぐらいの気持ちで望むとよいでしょう。

パソコンでやるメリットデメリット

履歴書をパソコンで記入する場合には、以下のメリットとデメリットがあります。

パソコンのメリット①;手書きの字が汚くても関係ない

パソコンですから、手書きの字が綺麗かどうかは何の影響もありません。

字が汚い人にとっては、パソコンは好都合と言えるでしょう。

パソコンのメリット②;作業時間を短縮できる

学歴などを記入したフォーマットを用意しておけば、その分だけ履歴書作成の手間を省けます。、またネット上には履歴書を作成できるサービスもあります。

それらを使えば、履歴書の作成を効率的に行えるでしょう。

パソコンのメリット③;パソコンのスキルを「ある程度」証明できる

wordやexcelを使える、ぐらいのアピールはできます。

しかしこれは大したものではありません。

前述のように、今では履歴書程度なら誰でも簡単に作成できるサービスがあるためです。

自分にITスキルがある、と証明するにはもっと別の、例えば資格や自分が組んだプログラムのアピールをした方がよいでしょう。

パソコンのデメリット;人柄が出にくい?

パソコン入力のデメリットは、人柄が出にくい点です。履歴書の書き方などは、ネットに出回っています。

そのため、文章の雰囲気も同じになりがち。

個性が隠れてしまうのが、パソコン入力のデメリットとも言えるでしょう。

まとめ

履歴書を手書きかパソコンで書くべきか、そしてそれぞれのメリット・デメリットを紹介しました。手書き、パソコンがNGかは企業によってそれぞれです。

相手の社風などを考慮して、それにあったやり方を選びましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。