履歴書の自己PR文 エントリーシートと変えた方がいい? 自己PR文の書き方(例文あり)

履歴書の自己PR文 エントリーシートと変えた方がいい? 自己PR文の書き方(例文あり)

自己PR

就活の履歴書にある自己PR欄。エントリーシートにも自己PR記載欄があり「同じことを書いたらいいのか?」など混乱しますよね。今回は新卒の就活生向けに履歴書の自己PRの書き方のポイントを例文つきで記載します。コツをおさえて就職活動を有利に進めましょう。

履歴書とエントリーシートと内容はかぶっていいの?

新卒就職で、書類選考を受けていると、履歴書にもエントリーシート(ES)にも、自己PRの記載が求められる場合があります。統一感を持たせて、同じことを書いたらばいいのか? それとも別なコトを書いたらばいいのか迷いますよね。

結論からいうと、二つとも別の自己PRを書く方がベターです。その理由は、AとBがあれば、Aが採用担当者の興味を惹かなくても、Bが採用担当者の興味を惹くかも知れない可能性があるからです。

打席に1回立っての一発勝負よりも、打席に2回立てる可能性があるので、二つの別々の自分の魅力を記載した方が有利という考え方です。

これは「履歴書とESで違う内容の自己PRを用意しなければいけない」「不合格になる」ということではありません。2種類用意するのはテクニックのひとつです。

「二つ書かなければ・・・」と内容を無理に悩むくらいならば、キチンとした自己PRを作って、一つの自己PR文を、エントリーシトにも履歴書にも記載しても大丈夫です。

 

履歴書の価値が上がる自己PRの書き方

就職活動では、多くのライバルがいますので、採用活動の入り口となる自己PRはとても重要です。特に履歴書は書類選考に使われるため、自己PRの出来栄えによって次の選考に進めるかどうかに直接影響を及ぼす場合があるのです。では、自己PRの書き方について見て行きましょう。

自己PRは結論から書く

自己PRは結論から書くように心がけましょう。結論がぼやけていたり、最後の方に書かれていると、結局何が言いたいのか分からない文章となるケースがあります。また、採用担当者が忙しい場合には流し読みされる可能性もあるため、最初に結論を書いた方が、いいたいことを漏れなく伝えることができるでしょう。

また、採用されてからビジネスの現場で活躍する場合にも、結論から先に伝えるということが求められるケースが多いため、自己PRの段階から想定しておきましょう。

他の人との差別化を図る

他の人との差別化を図ることも重要です。特に多くの志望者がいる企業を受験する場合、並ひと通りの内容を書いているだけでは、大勢の中に埋もれてしまいます。他の人が持っていない自分の強みや、他の人とは違った自分の個性を履歴書に表しましょう。自分の個性(長所)を分析して、キャチコピーを作ると良いでしょう。

根拠を示す書き方をする

根拠を示すことも重要です。どれだけ自分が有用かアピールしたとしても、「どうしてそう言えるのか?」採用担当者に伝わらなければ納得を得られないでしょう。具体的な数値を示したり、分かりやすい成果を紹介することで信憑性はグッと上がります。

大学の成績、アルバイトでの売り上げ実績、ボランティア活動での成果物など、具体的な根拠を示すことを心がけましょう。


就活の履歴書でよくあるNG集

就活の履歴書の自己PRは、自分ではしっかりと書けたつもりになっていても、採用担当者の心に響かないケースが多々あります。自己PRを書くことはそれなりに時間がかかりますので、折角書いた自己PRが不出来と捉えられるともったいないですよね?

では、どのような自己PRがNGなのかを紹介しますので、ぜひ反面教師にしていただければと思います。

 

ネットの例文をコピペしたような自己PR

インターネット上にはさまざまな就活テクニックが掲載されており、ちょっとリサーチしただけでも自己PRの書き方のサンプルを得ることができます。これらの情報を参考に自己PRを作り、大船に乗ったつもりでいる人が多いのですが、逆にいうと個性のない自己PRができ上る可能性が高いのです。

自己PRの書き方のサンプルを真似して終わりではなく、そこをスタートラインとして、自分の体験したエピソードを盛り込んでいきましょう。

 

エピソードがウソっぽい自己PR

数多くの自己PR文を見ていると、さまざまなエピソードで自分の長所を紹介しているものがあります。しかし、中にはウソっぽいエピソードあり、悪い印象を持ってしまう場合があります。

そういったケースでは、創作したエピソードであることが多く、臨場感が文章に表れないのです。エピソードは真実を記載し、大げさに書かない方がかえって信頼感を得ることができるでしょう。

 

就職活動に役立つ自己PRの例文

最後に就職活動に役立つ自己PRの例文を紹介します。ぜひ参考にしていただければと思います。

 

《自己PRの例文》

 

私は予知能力があります。緻密なスケジューリングで、危険を事前に想定し計画し成功に導くことができます。

大学では学園際の実行委員を3年間つとめました。初年度は、スケジュール調整がうまくいかずに、何日間も徹夜をして、何とか間に合わせました。充実感はありましたが、体調をくずして当日を楽しめないスタッフも多く残念に感じました。

今年は、管理工学の本を読んで、初めてガントチャートを採用し計画をたてました。プロジェクトを細分化してタスクを明確にして、タスクごとに進捗を管理して、みんなで共有、危険がせまっているところを察知してサポートするようにしました。

昨年までは、何とか力技で間に合わせていた学園祭ですが、今年は、余裕ができて、体調不良者もなく、来場者のケアまで手が回るようになりました。

この体験を通じて、結果には理由がある。事前の計画とリスクの予測や管理の大切さを学びました。

貴社でもこの経験を活かして、チームでの仕事を経験し、将来はプロジェクトの管理を経験したく考えています。

 

■自己PRのネタ集 作り方と書き方を例文付で解説(まとめ


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。