自己PRで「コミュ力」押しでいくときの注意点(例文あり)

自己PRで「コミュ力」押しでいくときの注意点(例文あり)

自己PR

コミュニケーション能力は最も重要です。自己PRでもコミュ力をアピールする就活生も多いでしょう。そこで今回は自己PR欄でのコミュニケーション能力のアピールの書き方や仕方について例文付でご紹介します。

自己PRでのコミュニケーション能力の書き方とは

通常の採用選考であれば大抵の場合、最初に書類選考があり、その次に面接に進むという形で選考が進められます。面接まで進み、面接官と話して会話も弾めば、特に自分にはコミュニケーション能力があるとアピールしなくても、面接官には伝わります。しかし、その前に書類選考があるので、そこで面接官に「この就活生は自分にコミュニケーション能力があることをアピールしている。話してみようかな」と思わせる必要があります。

では、一般的に言われるコミュ力の高さとはどういったものなのでしょうか。簡単に言えば、自分と相手の中で、自信の考えを誤解なく伝え、相手の考えを誤解なく理解する。意思疎通の能力です。もうひとつが、言語を使わずにその場の空気を読んで、周りとの関係を理解し、相手の考えていることを察し、適切に行動できる能力のことを言います。

これが自分の中でできていると感じれば、コミュ力の高い人と言えるでしょう。

さて、上記で述べてきたコミュニケーション能力を自己PRとして、どのように書き進めていけば面接官の目にも留まるのでしょうか。

社会人になって必要となってくるコミュニケーションというのは、学生時代に考えていたコミュニケーションとは全く別のものを言います。学生のときであれば、特に何も気にせず、同級生は自分と同等、上級生には意見を言わず、下級生にはなんでも言える、とこういったコミュニケーションの取り方が出来上がっています。しかし、社会人になればそうもいきません。年下であろうと同級生であろうと、お客様であれば、会話を支配するのは相手側です。

社会人になってからのコミュニケーションの取り方は、相手の知りたがっている情報をどれだけ細かく簡潔に言えるかにかかっています。そのことを念頭において自己PRの作成に取り掛かっていきましょう。

自己PRの書き方のポイントを考える

履歴書やエントリーシートの自己PRから採用担当者はいったい何を求めているのでしょうか。

企業の人事は、自己PR欄に目を通して「おもしろそう」や「会ってみたい」と思えるような書き方の人を選ぶ傾向にあります。その自己PRをして、私は面接で何を聞いたらいいのか、この話は広げられるだろうか、と悩ませるような自己PRは評価が高くありません。

新卒の就職活動に関しては、転職とは違い、相手に仕事のスキルを求めることはあまりありません。今まで働いた経験があると言えど、アルバイトかインターンシップの話くらいしかないでしょう。なので、採用担当者は、「人格」を重視して、その文章の中からいくつかのポイントを見ています。

▼きちんと考えて書いているか
▼短い文書の中で、その人となりを表現できているか
▼文章の全体を見て構成する力はあるのか

このようなところをポイントとして見ているので、選ぶ題材や自分のスキルについてはそれほど重要ではないようです。
では、自己PR欄の様々な内容の中で、コミュニケーション能力をアピールしたいときどういったことに気を付ければよいのかまとめてみました。

 

自己PR欄でコミュニケーション能力をアピールするときに気を付けたいポイント

履歴書やエントリーシートの自己PR欄で、コミュニケーション能力をアピールしたいときに気を付けるポイントは3つあります。そのポイント3つについて詳しくみていきましょう。

①抽象的な書き方にならないこと

ひとつ目に重要なポインととして挙げられるのは、抽象的な書き方にならないことです。「私はコミュニケーション能力があります」と書いても採用担当者は特に興味を持ちません。書き方の例文を下記に記載しましたので参考にしてみてください。

学生時代は、部活動に励んでいました。部内で自分は○○役としてチームを引っ張り、チーム全体の個人の成績、練習の状況をひとりひとりに逐一聞いては分析し、次の試合に挑んでいました。みんなに状況を聞くことにより、周りとのコミュニケーションも増えますし、自分の分析結果を出し、みんなに見てもらうことでチーム全体の成績も上げることができました。

このように「私はコミュニケーション能力のある人間です」と言わずとも、自分の経験を文章にするだけでコミュ力の高さを印象付けることができます。特にそのコミュニケーションをもとに結果が出たこと、周りにどんな影響を与えたのかを書くことができると、書類選考も通りやすくなるでしょう。

また、この例文の後に、志望する会社でその経験をどのように活かしていきたいのかについて述べるようにすればもっとよくなります。

 

②コミュニケーションの中でも長けている能力を推すのがポイント

コミュニケーション能力と一口で言っても、周りをまとめる力だったり、相手の話を引き出す力がずば抜けている人だったり、人によって長けている能力は異なります。自分の長けている分野に重点をおいて自己PRに書くのがポイントです。

 

③自己PR欄で書いたものは面接の時に話せる内容で書くのがポイント

晴れて書類選考が通って、面接に進んだ時に自分の自己PRを話せないとなると、面接で不採用が決定してしまうでしょう。特にを自己PR欄でコミュニケーション能力をアピールするのであれば、面接官にその能力を見せるチャンスです。
大抵の場合、自己PR欄は面接の際に聞かれます。または、「自己PRしてください」と言われることが多いです。そんな時に、空欄を埋めただけで何も考えていなかった、とならないよう話せる内容で書きましょう。自分を誇張したり、してもないコミュニケーションの話を書くと面接で聞かれたときに全てばれてしまいます。履歴書、エントリーシートは嘘や偽りはなく、正直に書くのをおすすめします。

選考が進んでいく中で、その履歴書の内容をもっと深く掘り込んで聞かせてほしい、と言われることも多いのが事実です。自己分析を重ね、面接官に何を聞かれても大丈夫なように準備しておきましょう。

自己PRの欄にコミュニケーション能力を書くときに気を付けるポイントについてご紹介してきました。コミュニケーションと言っても人と話して盛り上がることだけがコミュニケーションではありません。自己分析をして自分の特徴に気づいて自己PR欄を埋めていきましょう。

コミュニケーションを自己PR欄に書く人は多い

コミュ力の高さを履歴書に書く人は非常に多いです。それはなぜかというと、企業の求めている人材の特徴の中に、「コミュ二ケーション能力の高い人」と載っているからです。

このうたい文句は業種、職種関係なくどの企業にもに載せられています。
なので、自己PRなんか書くことがないと考えている人や、自己分析を怠り、何も考えずに企業に沿った履歴書の埋め方をしている人は、コミュニケーションについて書きがちです。
その中でも、採用担当者の目につくために具体的な文章を準備したり、自分の長けている分野の能力を重点に書くようにしましょう。

 

まとめ

この記事では、就職活動でコミュニケーション能力を自己PR欄に書く時のポイントについてご紹介してきました。自分は人と話すのが好きだと考えている人でも、いざコミュ力の高さについて説明する時が来れば、なかなか難しいものです。
日頃から自己分析の習慣をつけて、自分の長けている部分は何なのか考えるようにしましょう。

 

■自己PRのネタ集 作り方と書き方を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。