自己PRで「リーダーシップ」を上手にアピールする方法(例文あり)

自己PRで「リーダーシップ」を上手にアピールする方法(例文あり)

自己PR

就活の自己PRでリーダシップをアピールすることは非常に評価が高いです。しかしリーダーシップを勘違いしている就活生もいます。今回は、自己PRにリーダーシップを使うポイントや書き方を例文つきでまとめます。エントリーシート(ES)、面接、履歴書の選考を勝ち抜きましょう。

 

1.リーダーシップは評価が高い、しかしライバルも多い

前述の通り、リーダーシップは会社が社員に求める重要な要素です。周囲をまとめて、ひとつの方向に引っ張っていく、周囲を巻き込み、仕事をしていく力。将来の幹部候補生として、採用担当者は、リーダーシップのある就活生を採用したいと考えています。

就職活動では非常に有用なスキルのため、自己PRにリーダーシップをアピールしたい学生は多いです。部長やキャプテン、幹事などの経験者も多く、その中で、より良いリーダーであることをアピールしなければならないエピソードが必要になります。

 

2.リーダーシップを勘違いしていませんか?

よくある自己PRは、「私のリーダーシップでチームをまとめて、成功させました」というエピソードです。これらの多くの就活生が語るエピソードに対して、採用担当者は、疑念を持っています。

 

なぜなら、リーダーの本質は、責任を負うことだからです。

 

リーダーとは、決断しなければなりません、人に嫌われることも普通です、周りがついてこなくて悩んだり、そして責任も取り、批判も受けなくてはなりません。

 

採用担当者は、リーダーは「楽」ではないことを知っています。

リーダーシップをアピールするエピソードは「俺、リーダー! すごい! まとめた」ではなく、リーダーゆえの葛藤や失敗、悩んだこと、責任を負わなければならなかったことを話し、そこから何を学び成長したのかをアピールしましょう。

結果は失敗であろうと、成功であろうと重要ではありません。

 

3.リーダーシップを表現する手段はたくさんある

「私リーダーシップがあります」とストレートに表現をする方法もありますが、リーダーシップにはいろいろありますよね。勇気があり常に正面にたつリーダー、裏からささえるリーダー、みんなの気持ちを盛り上げてチームを導くリーダー、冷静で合理的に導くリーダー、責任をとるリーダー。

そのリーダーを表現できるキャッチコピーをつけると他の就学生と差別化できます。

自己PRでリーダーシップをアピールするときの例文

私は、切り込み隊長といわれています。
何かをするときに、必ず最初に実行するからです。

高校時代にサッカー部のキャプテンを務めていました
校風として部活よりも受験勉強を重視する風潮があり
あまり練習に積極的ではない部活でした。

私は次の大会に備えて、朝の走りこみを提案しました。
でも、実際に行ってみると、参加したの私ともう一人だけでした。それでも、毎日続けました。

中には「何がんばってるの?」「勉強すれば」と冷やかす人もいました。途中で何度もやめようと思いましたが、少しづつ参加メンバーが増えてきました。

試合には残念ながら負けてしまいましたが、一緒に走った仲間との試合は、悔いのない試合ができて、今でも記憶に残っています。

この経験から、最初に自分からやること、そして続けることで仲間が増えることの大切を知りました。

社会人になっても、最初に手を挙げること、やり続ける姿勢で仲間を増やし、貴社の事業に貢献していきたいと考えています。

 

平凡な自己PR例

続いては、よくある「リーダーシップ」の例文を記載します。決して間違いではありませんが、差別化がはかれていません。

物事への積極性は感じますが、リーダーが必ず経験する悩みや挫折がなく、リーダーシップのアピールとしては弱いです。

私の自己PRは、積極性と「人を仕切ること」です。小さいころ(小学生)から、みんなで何かをするのになかなか決まらないとき「私が○○するから、みんなはどう?」と一番に声をあげてきました。高校3年生時、文化祭では、実行委員に立候補して、内容が決まらないときには「私は○○がいいと思うけどどう?」という投げかけをして実施したこともあります。真っ先に手を挙げるタイプです。貴社に採用いただきましたら、より積極的に物事を進めて、チーム内でもリーダーシップを発揮していきたいと思います。

 

私は大学時代に山岳部に所属していました。月一回は高い山に挑戦したり、難所にも挑んだりしてきました。4回生の時には部長として、メンバーを引っ張ってきました。部長をしながら感じたことは、部員の個性です。個性は、時としていいようにも、悪いようにも働きます。私は部員それぞれの個性を把握し、できるだけ個々に応じた声かけを心がけてきました。この経験を生かして若い人が多い貴社で「リーダーシップ」を発揮していきたいと思います。

 

 


 

4.就活の自己PRで「リーダーシップ」押しをする場合のポイント

以上、エントリーシートや履歴書、面接で自己PRをどう表現するかについて述べてきました。

ここで、重要なのは、自己PRで「リーダーシップ」押しでいくのであれば、必ず自信のある事実を述べることです。決して背伸びをしないようにしましょう。

失敗例としてありますが、書類には「リーダーシップ」が書かれているのに、いざ面接になると「リーダーシップ」を感じない人がいます。

「リーダーシップ」を持っている人材は、企業にとって評価が高いです。一方で、きちんとした根拠がなければ、疑念をもたれやすいテーマです。しっかり準備をしましょう。

 

■自己PRのネタ集 作り方と書き方を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。