「今すぐ出て行きなさい」本当にあった圧迫面接(事例集)

「今すぐ出て行きなさい」本当にあった圧迫面接(事例集)

圧迫面接

他人事ではない圧迫面接。

今回は、広告代理店の新卒採用で「出て行きなさい」と言われたケースです。

「出て行きなさい」なんて芝居がかった言葉は、普通に生活していたらば聞かないですよね。

圧迫面接に直面した際、慌てないようにケースを学んでおきましょう。

プロフィール

性別:男性
入社試験を受けた会社:広告代理店
タイミング:新卒の就職活動

 

ここに興味がないのなら今すぐ出ていきなさい

2次面接で50代程度の面接官2人という状況でした。

事前にネットで調べたところ、社内環境が良いということでしたので、かなり気合を入れて面接に臨みました。

自己PRも、滑らかに進み、志望動機を述べたあとに、

突然、「ここに興味がないのなら今すぐ出ていきなさい」と言われました。

おそらく、志望動機のどこかに落ち度や熱意を感じさせるモノがなかったのかもしれません。

どこでミスったのか分からず、困惑し、すぐにでも立ち去りたかったのですが、

言われたままに帰ったとしても、印象は悪くなるだけなので、ここはこらえて、

「いいえ、私は企業に対して尊敬の念を抱いています」と告げました。

その後は、頭の中は真っ白で、何を話したのかあまり覚えていません。

 

「出て行きなさい」と言われたのは、生まれて初めてでした。

 

わざわざ、恫喝する必要はないと思います。

結果は不採用でした。

基準に満たないと思ったらば、そのままスルーして不採用にすればいいのに、

わざわざ、学生を恫喝する必要はありません。

洗練されたイメージの広告代理店でしたが、

まだこんな面接をする会社あるのかと驚きました。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。