グループディスカッションのコツ 就活で使える応用の利く対処法

グループディスカッションのコツ 就活で使える応用の利く対処法

グループディスカッション

就職活動では面接だけでなくグループディスカッションなどのグループワークでの選考が行われます。面接と違い、アドリブが必要な評価スタイルは対策が立てにくく、苦手な就活生も多いのではないでしょうか? ここでは、グループディスカッションを乗り切りコツをお伝えします。

グループディスカッションで大切なこととは?


グループディスカッションを採用試験の1つとして取り入れる場合、採用担当者が知りたいのが学生達の自主性や協調性です。イメージトレーニングで対応出来てしまう面接試験と違って、グループディスカッションを始めとするグループワークはその都度イレギュラーな対応が必要になります。事前の準備だけでは乗り切れないことが多く、その方のパーソナリティが顕著に現れてきます。人との接し方や問題に直面した時の対処の仕方などは、グループディスカッションを行ってみると意外に分かる場合があります。従って、グループディスカッションでは、職場で働く時に必要になる基本的な力が試されていると言えるでしょう。そして、グループの中で、勝者や敗者を決めるものではありません。チームで勝つことを意識しましょう。

 

話しやすい雰囲気をつくろう

グループディスカッションで失敗しないためには、その場の空気を読むことが大切です。当然のことながら、就活ではその都度グループワークに臨むメンバーが違ってきます。割り振られたグループによって、場の雰囲気や議論の方向性が大きく変わってくるわけです。メンバー間で軽い雑談をすることで、話しやすい雰囲気を作っておくとよいでしょう。

ファーストペンギンはグループディスカッションを有利にする

ペンギンは集団行動をとる動物ですが、その中でも、最初に行動をするペンギンを「ファーストペンギン」といいます。それは、リスクを犯して捕食者のいる海に最初に飛び込み集団を導く「勇気のあるペンギン」です。グループディスカッションでも同じです。「最初に発言」を行うことは、群れを導くリーダーとなりえます。

まずは、自分が最初に発言をすることを意識しましょう。そして、調子に乗らないことが大切です。リーダーには自己犠牲も求められることを忘れずに周囲への配慮をしましょう。

グループディスカッション話し方のコツ

 

グループディスカッションの話し方のコツは、面接と共通で、結論から話すこと「○○だと思います、なぜなら~」が基本です。一般的なプレゼンで用いられる、PREP法を用いるとメッセージが伝えやすいです。

P=Point(結論)
R=Reason(理由)
E=Example(事例、具体例)
P=Point(結論を繰り返す)

但し、話すのが苦手な学生は、PとR、つまり、「結論」と「理由」だけでも大丈夫です。ここに重点をおきましょう。また、評価側は「素晴らしいアイデア」「立派な意見」を求めているものではありません。「当たり前のこと」でも積極的に発言していきましょう。
そして、相手を意見を否定するときは、必ず対案を用意し、相手に配慮をしながら話しましょう。また、自分の意見が否定されても、怒ったりふて腐れたりしないように、冷静に真面目に相手の話をきく討論の姿勢が評価されています。

↓効果的な練習法でPREPをマスター!

■グループディスカッション対策、苦手を克服する効果的な練習法


グループディスカッション全体の進行に気を使う

いままでは個人の発言にポイントをおさえてきましたが、これからはグループディスカッションの全体での進め方のポイントを解説します。

まずは、時間配分を気に掛けましょう。グループディスカッションの時間は限られています。最初に時間配分を決めておくことが大切です。その際は、議論の整理や結論をまとめる時間を一番長く充分にとるようにしましょう。せっかく、良い意見が出ても、まとめが失敗したらばグループワークも失敗です。

そして次に、論点を絞り込むことに気を掛けましょう。これはグループワークのお題が抽象的な例が多いため、できる限り議論の絞込みをしましょう。例えば、「コンビニの売上を伸ばす」ならば、そのコンビニがオフィス街なのか住宅街なのか学生街に立地しているのか? 大都市なのか地方都市なのか、焦点を絞り込むことが大切です。話がズレてしまった場合、常に絞込みを行い軌道修正をこころがけましょう。

グループディスカッションでは、個人としての発言や姿勢に加えて全体の議論を進めるために役割を果たすことが評価されます。全体を俯瞰してコントロールできるようになれば評価は高いでしょう。

↓ほかのテクニックも気になる!

■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。