面接で「長所」を聞かれたときどう答える?!例文を交えて学ぶ質問対策

面接で「長所」を聞かれたときどう答える?!例文を交えて学ぶ質問対策

面接の質問対策

就職活動の面接では、就活生のみなさんの「長所」と「短所」を聞かれることが多いでしょう。
いざ、面と向かって「あなたの長所はどんなところですか?」と質問されたたときに、困らないように就活に役だつ長所の見つけ方や、
表現方法を例文を交えて解説します。

そもそも、就職活動の面接でなぜ長所を聞かれるの?

就活生のみなさんが、自分の長所を正確に答えられるかということは、大切な意味を持っています。

こうした質問を行うことで、面接官は学生の資質を見定めようとしているのです。
面接官がこの質問を行う理由としては、以下のものが挙げられます。
項目ごとに、解説もご紹介しましょう。

 

就活生が自分の性格を分析できているかどうか。

自分の長所を知るためには自己分析が必要です。面接の際に長所を質問するのは、就職活動に際し、きちんと自己分析ができているかを測る指標になります。

また、履歴書やエントリーシートには、自覚している性格を書く欄があります。担当面接官は、この内容を見て長所と短所を聞くことがほとんど。
ですから、自覚している性格の項目と、実際の答えが矛盾しないようにしましょう。

 

長所から垣間見られる人柄

採用担当者が最も重視しているのは人柄です。長所から垣間見られるその人の人柄を見ています。社交性のある人物なのか、コツコツを冷静にものごとを進める人なのか、タフな人間なのか、そこから、就活生が自分の会社に入ったときに、一緒に仕事ができそうかを見ています。

 

面接で長所を答えるときの注意点

前述の通り、面接で長所を聞く理由は、人柄を知るためです。この長所は有利、この長所は不利、というものはありません。「一緒に仕事をしたい」と思わせる話ができれば成功です。

そのため、就職活動の面接で自分の長所を話すときには、その強みにきちんと筋が通っていなくてはなりません。面接官に質問されたときに矛盾が生じないように、話を整理しましょう。

自分をより良く見せるために、話を誇張したりするのはNGです。採用担当者は「人柄」を見ているのに「疑わしい人物」と思われてしまうのは損です。

面接で困らない長所の選び方

では、実際に長所を選ぶ方法について解説して行きます。自分の自覚している性格に照らし合わせて、参考としてください。まずは、箇条書きで長所として適したものを記載して行きます。

・社交性がある(明るい)。
・協調性がある。
・行動力がある。
・分析力がある。
・忍耐力がある。
・前向きな性格である。
・真面目で誠実。
・集中力がある。
・アイディアに富んでいる。
・向上心が高い。
・スケジュール能力がある。
・行動力がある。
・負けん気が強い(ハングリー精神がある)。
・リーダーシップを取れる。
・努力ができる。

長所として、特に代表的なものを挙げています。まずは、ここから数点、自分の性格に合ったものを選んでみてください。迷う場合は、家族や友人に相談して意見を聞いてみましょう。

長所を語るときに表現をアレンジして差別化をはかる

長所を話すと言っても、「私の長所は協調性です」のように、ただ性格の秀でたところをシンプルに紹介をする方法もありますが、多くの学生は同じような表現を用います。

ライバルの就活生との差別化をはかるためにも、表現を工夫しましょう。あまりいじりすぎて意味不明にならないように、分かりやすいアレンジを心がけましょう。

×「私は忍耐強いです」
○「私の長所は納豆のような粘り強さです」

面接の質問対策に役立つフローと例文集

ここでは、フローと例文を数点用意しました。まず、フローから解説します。長所を紹介する文章を考えるときには、以下の4点に注意してください。

1.まず結論から述べる。
「私は○○です」と先に結論から話すことで、強い印象を与えることができます。

2.結論を証拠付ける
結論で話した内容をエピソードでカバーします。これによって、信頼性を高めることができるでしょう。

3.具体的なエピソードを挟む。
自身の経験を話すことで、独自性と、説得力を強化します。

4.この長所をどう活かすかを述べる。
企業に入ったあと、どのように活躍したいかを述べましょう。実際に一緒に働くイメージを、持ってもらいやすくなります。

このフローに沿って、質問対策を考えてみましょう。さらに以下では、4つのポイントを使用した例文をご紹介します。
上記に従って番号を振ってありますので、参照ください。

長所のPR例文:社交性の長所PR

私の長所は、素直さです。年齢、性別を問わず誰とでも仲良くなれます。

正直に向き合えば、答えてくれるをモットーにして活動してきました。

学生生活の中では、この性格を活かしてアパレル商品販売のアルバイトを精力的に行いました。

お客様には「お似合いですよ」「これもう最後なんです」のようなお決まりの言葉ではなく、
正直に「こちらの方がお客様には似合うと思います」と、相手のことを考えた接客を心がけました。

売上は他の店員には、負けていましたが、お客様に喜んで買っていただけるのが私の楽しみです。

これからも、相手に対して正直なコミュニケーションをこころがけて、喜んでもらいたいと考えています。

長所のPR例文:負けず嫌いの長所PR

私は、「もう一回やってみよう」が口癖で、粘り強いことが長所です。

中学生時代からピアノを習っていますが、高校生のときに参加したコンクールでは、練習不足でライバルに負けました。
その悔しい思いから、朝から夜まで、納得がいくまで「もう一回やってみよう」と練習に向き合ってきました。

結果として翌年も賞を逃しましたが、集中して練習に向き合ってきたので悔いはありませんでした。
そして、また「もう一回やってみよう」と思いました。

この、「もう一回やってみよう」の心を忘れずに、粘り強く仕事に取り組みたいと考えています。

長所と経験、そしてそれをどう活かすか。これを意識して、印象深いアピールを行いましょう。

 

面接で失敗しないために、事前のシミュレーションをしておこう

面接では、所定の時間を与えられて長所や短所を述べることが多くなっています。時間の設定は企業によってまちまちですが、一人当たり、おおよそ1~3分程度でしょうか。

基本的には、400程度の文章を用意しておけば良いでしょう。実際の面接で慌てないように、事前に文字として書き起こすことをオススメします。

早口過ぎたりする場合は間を上手く使って、はっきりと話すことを心がけましょう。ゆっくりし過ぎる場合は、できるだけハキハキと読み上げるように気をつけて。スマホのボイスレコーダーアプリを利用して、時間と口調も確認しましょう。

面接前にシミュレーションをしておくことで、当日も落ち着いて話すことができます。特に、アガリ症の人は何度も繰り返し練習を行うことがオススメです。

 

面接対策を整えて、就職活動を成功させよう



就職活動中の面接で、長所をアピールするときの方法についてまとめました。
・結論から述べる。
・結論をカバーする。
・実際のエピソードを話す。
・長所を仕事に活かす。
この4点を意識することで、自分をPRする文章が容易に作れます。企業がみなさんを採用したくなるような、「個人」を感じるものに仕上げましょう。自分の性格をしっかりと分析することは、就活には大切なこと。意識して、採用の成功率を高めることにつなげて行きましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。