面接で「卒論のテーマ」を語るときのおさえたいポイント

面接で「卒論のテーマ」を語るときのおさえたいポイント

面接の質問対策

就活の面接で、卒論や卒業研究のテーマを聞かれた時には、どう答えれば良いのでしょうか?

面接官の意図を間違えて答えないように、この記事では、質問者の意図を理解した上で、回答のポイントを解説し、例文も紹介します。しっかりと質問対策をしましょう。

 

面接官が「卒論のテーマ」を質問する理由


就職活動の面接では、面接官の意図を理解することが重要です。どれだけ雄弁に答えたとしても、回答した内容が面接官の意図を汲んだものでなければ、良い印象を残すことができません。

逆に、たとえ口下手であったとしても、面接官の質問の意図を理解して、的確に答えられれば、内定に向けて1歩近づくことができるでしょう。まずは面接官の質問の意図についてじっくりと考えてみましょう。

就活生の目的意識を知りたい

就職活動の面接で、卒論のテーマを聞くのは、テーマ自体に興味があるわけではなく、就活生の目的意識を知りたいのです。学生の中には卒論を適当に選んでいる人が多く、「簡単そうだから」とか「楽に書けそうだから」「単なるフィーリング」というケースがあります。

一方で、そのテーマを選ぶことによって社会に出てから役に立つという目的や、研究テーマ自体が自分への投資になると感じて選択しているケースもあります。社会人となった後の有用性を知るために、目的意識を確認する意味で卒論のテーマを質問するのです。

卒論に取り組む姿勢を知りたい

テーマを選んだ動機ではなく、卒論に対する取り組みの姿勢を知りたいという面接官もいらっしゃいます。卒論のテーマを選んだ理由を聞けば、その回答する姿や内容によって、どれくらい真剣に卒論に取り組んできたかが分かります。

真剣に取り組んできた学生の場合には、卒論に関する話の内容に深みとストーリー性があるでしょうし、適当に取り組んできた学生の場合には、付け焼き刃の回答だと気が付くでしょう。そうならないためにも、取り組んできた姿勢をアピールする必要があります。

面接で「卒論のテーマ」を語る時のポイント

面接で「卒論のテーマ」を語る時には、さまざまなポイントがありますが、中でも最も押さえておくべきポイントは3つあります。1つは「卒論テーマを選択した理由に重点を置く」、1つは「一般的な言葉で話す」、1つは「卒論の取組をどう社会に活かしたいか話す」です。それぞれの内容を具体的に解説します。

卒論テーマを選択した理由に重点を置く

さきほど解説したように、面接官は卒論のテーマそのものに興味があるわけではありません。就活生の目的意識を知りたいわけですので、卒論のテーマや内容そのものをダラダラと話すのは望ましくありません。

回答は、卒論テーマを選択した理由に重点を置くと良いでしょう。明確かつ具体的に理由を話せれば、目的意識が高い人材だと見てもらえるでしょう。

一般的な言葉で話す

一般的な言葉で話すことも心がけましょう。卒論のテーマは専門性が高く、専門用語を並べ立てると難解となります。話すだけでは自己満足、伝えるだけでも自己満足、伝わって初めて相手に満足してもらえるという意識で分かりやすく説明しましょう。

もちろん、なるべくシンプルで手短に説明することも大切です。長話になると論点がブレやすくなるため、注意が必要です。

卒論の取り組みをどう社会に活かしたいか話す

卒論のテーマを聞かれて、ただそのまま答えるだけでは、話しに発展性がありません。言われたことしかできない人材と思われる可能性もあるでしょう。話しに発展性を持たせるには、卒論の取り組みをどう社会に活かしたいか話すと良いでしょう。

自分の経験を、採用後にどのように活かせるかを論理的に説明できると、人材としての期待感を持たれやすいかと思います。

面接で「卒論のテーマ」を語るときの例文

面接で「卒論のテーマ」を語る時の例文を紹介します。ぜひ参考にしていただければと思います。

《回答例》
私は卒論のテーマで「人間心理と怒りの感情の相関性」について研究しています。

このテーマを選んだ理由は、人間心理を学ぶことで対人コミニケーションに役立つと感じたからです。

人間は感情の生き物であり、同じ内容の話をされても、好きな人と嫌いな人によって同意できる場合と反論したくなる場合があります。感情的な議論の場では、あえて感情を差し引いた会話の内容に着目することで、冷静なコミニケーションができると考えております。

社会人になると、コミニケーションが重要だと聞きますので、学んだ内容をスキルとして、ぜひ御社で実践したいと考えます。


まとめ

卒論のテーマを聞かれた時には、まず面接官の意図を汲み取りましょう。決してテーマの内容自体を聞きたいのではなく、どのような目的でそのテーマを選び、どう取り組んできたのかを知りたいのです。

そのことを踏まえて、テーマを選んだ理由を、分かりやすく端的に答えましょう。もちろん、入社後にどう活かせるかも付け加える必要があります。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。