面接で「失敗の経験」を質問をされたときの回答のポイント(例文あり)

面接で「失敗の経験」を質問をされたときの回答のポイント(例文あり)

面接の質問対策

就活中に面接の質問で、失敗の経験を聞かれることがあります。面接官はどのような意図で、失敗や挫折の経験を質問するのでしょうか? 失敗の経験、挫折経験から、うまく自己PRをする方法を例文つきで解説します。

 

どうして面接で「失敗の経験」「挫折の経験」を聞くのか


就職活動の採用面接では、学生自身の能力や実績をアピールする質問が多くなっています。その中で、あえて失敗や挫折の経験を聞くのはどのような理由からでしょうか。

この設問の真意は、経験そのものよりもその後の対応を聞くことで、どのような人物かを確認したいということがポイントです。
失敗はその経験よりも、その後の対応が大切です。きちんと謝罪したか、失敗したなりに最善の対応をしたか、失敗した点を整理し次に活かしたか、同じ失敗を繰り返していないかなど、チェックすべきポイントはたくさんあります。

また失敗は、新しいことにチャレンジした際に起きやすいものです。この点から、未経験のことでもチャレンジする意欲があるかという点を見るということもポイントとしてあげられます。

 

失敗の経験を回答する際のポイント

面接の場で失敗の経験について回答するには、いくつかのポイントがあります。

失敗した場合でも、その状況で最善の対応を行うよう努めたか

失敗した場合、そのままにしておくことは最悪の対応です。目的を達成するために最善の対応をしたかどうかは重要なポイントです。
企業活動においても、事前の想定通りに物事が進むケースはむしろ少ないといえるでしょう。そのようなケースにおいても適切な対応ができる人かどうかが試されるポイントといえます。

謝罪すべき場合はきちんと謝罪したか

失敗の内容によっては、他の人や団体に謝罪しなければならない場合があります。その場合は、誠意を持って謝罪し、適切な対応をしたかどうかが問われます。
企業でも取引先や顧客に損害を与えた場合は、謝罪や事後対応が必要となります。このような対応ができる人であるかということも問われるポイントです。

失敗した点を整理し、次に活かすことができたか

失敗した場合、多くはその原因があるものです。そのため失敗した点やその理由を整理し、次に生かすこと、つまり失敗から学ぶことが大切です。
このようなことができないと、同じ失敗を繰り返す人となってしまいます。企業が欲しい人は失敗から学びステップアップできる人であって、失敗を繰り返す人ではありません。

失敗の経験の回答例文

就活で失敗の経験を尋ねられた場合、回答としては以下のような例文が考えられます。もちろんこれをそのまま真似して答えてはいけません。
例文は回答のポイントがどのように反映されているかを確認する程度にとどめ、面接ではあくまでもあなたの経験に即して回答することが重要です。

私はある地域活動を支援するサークルに所属しており、学園祭では地域の高齢者が求めるニーズについて展示資料を作る担当となりました。

展示で発表する内容は、毎年発表される統計データを基にすれば、私の知識で十分書ける内容でしたので、特に誰にも確認せずに準備を進め、説明する文章もあとは紙に書くだけという状態にしていました。

ところが、直前になって「統計データが今年は発表されない」ことに気づきました。サークルのメンバーに、自分のミスを謝罪し、発表される統計データの変わりに実際に高齢者にインタビューを行ってデータを収集することをメンバーに提案し協力をお願いしました。

メンバーの協力のおかけで、何とか学園祭当日に間に合わせることができました。来場者からも、統計データの分析ではなく、生の声から作られたデータは好評でした。メンバーからも「お前のせいで大変だったけど、フィールドワークは良い経験になった」と声をかけていただきました。

この失敗は「いつもどおりだから」と事実をよく確認しなかったことが原因です。この失敗をもとに、

思い込みをせずに、事前に確認することを心がけています。

 

このような回答はやめましょう

面接で「失敗の経験」を質問された際の回答は様々ですが、就活での面接にふさわしくない回答ももちろんあります。以下のような回答は悪印象を与えるだけですので、やめましょう。

失敗の経験だけを話して終わってしまう

面接官がこの設問をする理由は、ここまで説明した通り「失敗の内容」ではなく、その後どのように行動し、経験を活かしたかということです。従って単に失敗の経験だけを話して終わると、「失敗を生かさず、そのままにしてしまう人」という評価になってしまいます。

企業がこのような人を採用したいとは思わないでしょう。むしろ失敗の経験は簡潔に話し、その後の行動や生かした内容について多く話すことが望ましいといえます。

 

「ありません」と言ってしまう

挫折の経験はない方もいると思います、しかし、失敗した経験は誰でもあるでしょう。
従って「失敗したことがありません」と答えてしまうと、「この人は、きちんと自己分析しているのかな」という印象や、「失敗したことを認めない人かも」と思われてしまうことになります。

このような人も採用されにくいといえるでしょう。失敗した経験が思いつかない人でも、もう一度自己分析をしっかり行うことをおすすめします。


もし、面接官に笑われたり、馬鹿にされてしまったら

面接でせっかくあなたが「失敗の経験」を話したのに、笑われたり馬鹿にされてしまうこともあります。このような場合の質問対策は、どうすれば良いのでしょうか。

頭にくることもあるかもしれませんが、ストレス耐性を評価するためにわざと威圧する「圧迫面接」の可能性もあります。まずは冷静に、紳士的な態度で対応しましょう。その後、どのような意図で行われた行為かを考えることが必要です。

普通の企業であれば面接の場でこのような態度を取る必要はなく、また失礼な行為でもあります。悪い評判が広まれば応募者数も下がってしまいますから、企業にとっても何一つ良いことはありませんよね。

それをあえて行うということは、入社後に社内や取引先、顧客などからこのような態度を取られる場面が少なからずあるということを示しています。つまり精神的にタフな人を求めているということです。

社会人はメンタルのタフ差を求められます。そういった意図を考えながら対応しましょう。

笑顔で、「今後はこのような失敗をしません」と返しましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)

 

 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。