面接で「好きな言葉」を質問されたときの回答のポイント(例文あり)

面接で「好きな言葉」を質問されたときの回答のポイント(例文あり)

面接の質問対策

就活の面接で「好きな言葉」を問われるシーンがあります。とっさに答えて、その場しのぎの回答にならないよう、面接官の目的を知り対策と準備をしておくと良いでしょう。今回は、「好きな言葉は何ですか?」と質問されたときに、後手にまわらないように、例文を交えて質問対策を紹介します。

面接官が「好きな言葉」を聞く理由

面接試験では「好きな言葉は何ですか?」と質問される場合があります。志望動機や自己PRはしっかり準備したけれど・・・・。

突然の変わった質問に戸惑う受験生は多いと思います。なぜ面接官はそんな質問を投げかけてくるのでしょうか?

就活生の人柄を知る

「善は急げ」ということわざがあります。良いことは躊躇せず行うべきという意味です。この言葉を好きな言葉に選んだ就活生は、行動的なイメージが湧きます。

一方、「せいては事を仕損じる」という言葉を選んだ就活生には、慎重な人だというイメージが湧きます。つまり、面接官はこの質問を使う事により、一人一人の就活生の性格を把握することが出来るわけです。

更に、エントリーシートや履歴書で、その特徴とは反対の内容が記述されていた場合には、矛盾も発見できます。ウソ発見器的な機能もある質問ですね。

その受験生にこだわりやポリシーはあるか?

好きな格言やことわざがあるという事は、その人の価値観や行動に一定の考えがあるという事です。逆に好きな言葉が無い就活生はその人の価値観や行動が定まっていないと考えられます。
人に流されやすいタイプと判断される場合もあります。

好きな言葉ってそもそもどんな言葉?

好きな言葉というのは、「座右の銘」ともいいます。座右とは皇帝の右側の座席を指します。銘とは昔の人が鐘や器に刻んだ文字のことです。

昔の皇帝の右側には最も信頼できる補佐役を置いて常にアドバイスを受けたことから、そばに置いて人生の教訓にするような言葉を指すようになりました。

「好きな言葉」に対する回答のポイント

・回答のステップ

「結論」→「理由」→「エピソード」というステップで回答するとスマートです。まず、何という言葉なのかを述べます。そして、その言葉が好きな理由を述べます。そして最後に、その好きな言葉にまつわる自分のエピソードを述べます。

エピソードは好きな証拠

好きな言葉とその理由だけでなく、ぜひエピソードまで述べましょう。好きな言葉に従って具体的にどのように行動しているのかを話すことによって、好きな言葉にリアリティが出てきます。エピソードが無いと建前だけで言っているような印象が湧きます。

「好きな言葉」に対する例文

NG例文

千里の道も一歩から”という言葉が好きです。やはり、目標が遠くても諦めず毎日コツコツと努力をすることは大切だからです。

→一応回答はしているが、自分のエピソードが無く信ぴょう性に乏しい。

OK例文

千里の道も一歩から”という言葉が好きです。この言葉には、高い目標でもこつこつと努力を重ねる自分の事を表している気がするからです。私は販売士検定2級を目指して頑張ってきました。最初は合格率が50%ということを知って驚きましたが、流通用語をひとつひとつ単語カードを利用して覚えた結果、3回目の受験で合格することが出来ました。

→エピソードも加えて詳しく述べています。努力や工夫の具体的内容があり、好きな言葉を証拠づけています。

 

面接での「好きな言葉」に対する質問対策まとめ

面接で「好きな言葉」を質問されたときの回答のポイントをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

「好きな言葉」と急に質問されても、戸惑うことが多いと思いますが、自分を分かってもらえるチャンスと考えたほうが良いですね。

ただ、全く考えていないと、回答は困難です。唐突に思い浮かんだ言葉を発言しても、そのエピソードまでは急に出てきません。自分の考え方を表す言葉は、日頃から準備しておきたいものですね。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。