面接で「希望しない部署へ配属されたらどうするか」という質問の目的と対処法

面接で「希望しない部署へ配属されたらどうするか」という質問の目的と対処法

面接の質問対策

就活中の面接では「希望する職種以外の部署に配属されたらどうするか」といったような質問をされることがあります。こういった質問をされた場合、どのように答えたらいいのでしょうか。例文を参考にしっかりと質問対策をしておきましょう。

「希望しない部署へ配属されたら」質問の目的

企業はこの質問をすることで、前向きに仕事に取り組むことが出来るか、嫌なことから逃げないか、といったことを知りたいと思っています。

特に総合職で、ある程度の規模と人数の会社は、数年でジョブローテーションを繰り返します。どれだけポジティブに前向きに受け入れられるかをアピールしましょう。

 

異動、ジョブローテーションは断れない

まず大前提として、希望した職種でしか働きたくないという要望はほぼ通りません。

総合職は一般職と違って将来の幹部候補になりうる存在です。そのため、様々な職種を経験することで企業や業界全体のことを知っていくのです。特に、オールラウンダーと呼ばれるあらゆる方向に精通した社員の育成を目指す企業は、このジョブローテーションが活発な傾向にあります。

一方、ひとつのジャンルに特化したスペシャリストを必要とする企業ならば、頻度が高いとはいえないかもしれません。いずれかによって回答の仕方が異なりますので、希望する企業はどちらなのか確認しましょう。

 

例文

ケース1

面接官「希望しない部署へ配属されたらどうしますか?」

学生「どんな仕事に対しても真摯に向き合います。御社はジョブローテーションが活発で、それが会社の成長に繋がっているのではないかと思っています。わたしも職種に拘らず、その部署その部署で配属された意味を見出してしっかりと仕事に取り組んでいきたいです。」

企業は面接を通して見えたあなたの特性や人柄を考慮し、あなたの力が一番発揮されると判断した部署に配属します。それが希望と違ったとしても、まずはやってみるという前向きな気持ちを伝えましょう。

特に入社後の配属先は部署にいる人たちの性格や人数もよく考えて決められます。なぜなら、合わない部署に配属をすると退職に繋がる可能性があるからです。新入社員の早期退職は企業にとっては大きな損失です。そのため、無理な配属はしません。

ケース2

面接官「希望職種は営業とありますが、経理部に配属されたらどうしますか?」

学生「もちろん受け入れ精いっぱい働きます。OB訪問でお話を伺い営業という仕事に興味を持ちましたが、経理という仕事を通じて会社全体の数字の動きやお金の流れを理解することはいずれ営業部に配属された時に必ず役に立つと思います。わたしはそれ以上に御社の企業理念に魅力を感じて入社を希望しております。どんな仕事であってもこの会社で働きたいと思っています。」

この企業のここに惹かれる! という点があるなら、そこをアピールに加えてもOK。面接官も人間ですから、営業職ならどんな企業でもいいという学生よりも、この会社で働きたいと言ってくれる学生の方がいい印象になります。

 

「希望しない部署へ配属されたら」質問のまとめ

面接対策を考える時は、どんな部署や仕事でも柔軟に、真剣に、前向きに取り組むという気持ちを伝えられているかを考えてみてください。

たいていの場合募集要項に○○職と記載されていますが、その後の人事異動や部署の再編などによって予定していた部署に配属出来ないことがあります。希望職種はあくまで希望であると捉えましょう。

また、ジョブローテーションが行われるということは最初は希望と違う部署に配属されたとしても、いずれ希望する部署に配属される可能性が高いということ。

会社から与えられた仕事をこなすのではなく、どんな仕事でも自分から進んで学び、経験を積むという成長意欲をアピールしましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。