面接で「性格」に関する質問がでたときのベストな回答法(例文あり)

面接で「性格」に関する質問がでたときのベストな回答法(例文あり)

面接の質問対策

就職活動の面接中に、面接官から性格についての質問をされることがあります。

自分の性格は分かっているようで分かっていなかったり、自分のことであるため、かえって上手に表現できないこともあります。

この記事では、採用担当者からの質問で「自覚している性格」について質問されたときの対応方法を解説します。

 

就活で面接官が「性格」に関する質問をする理由

就活で面接官が、あなたの性格について質問するには理由があります。

その意図を理解しないまま、思う通りに性格を話してしまっては、自己表現はできても、採用に結び付くことはありません。

まずは、面接官がどうして性格についての質問をしているのか、その理由について知っておきましょう。

自覚している性格の客観性を知りたい

就活で面接官が、性格について質問してくる理由の1つが、自分を客観視した上で、自分の性格を自覚しているのかを知りたいのです。

就職した後は、自分を客観視できていなければ、周りの人と協調することができませんし、自分に合った仕事の段取りが組めません。
そのため、自己分析ができているか、チェックされているのです。

就活生の人柄を知りたい

就活生の人柄を知りたいという意図もあります。

社会に出ると、人柄よりも利益追求だとシビアに考えるケースが多いように思えるかも知れませんが、人柄が社風を作るため、意外に大切な要素なのです。

そのため、面接担当者は、学生に自分の性格をズバリ聞くのです。
良いか悪いかではなく、その会社に合っているかどうかでチェックされていると考えましょう。

 

就職活動で「性格」に関する質問対策

就職活動で性格に関する質問をされることは頻繁にありますので、事前に質問対策をしておいた方が無難です。では、具体的にどのような対策をしておけば良いのでしょうか?

前向きな回答をする

自分の性格を答える時には、なるべく前向きな所を答えましょう。
性格は自己PRに等しい回答ですので、ネガティブな発言をしてしまうと、ネガティブなPRをしているようなものです。

ポジティブな内容を答えて、ハツラツとした印象を与えるように心がけましょう。ただし、「明るい性格」などと抽象的なものではなく、「いつも周りから笑顔だねといわれます」というように、具体的に答えることが効果的です。

欠点を答えた後にプラスへ転換する

性格の質問に回答した時には、良いことばかりをいってしまいたくなりますが、それだけでは信憑性が高くありません。欠点も付け加えるのも効果的です。

ただし、欠点を付け加えた場合には、欠点はプラスへ転換することが重要です。マイナス面で終わっては、面接担当者の印象がマイナスで終わってしまう可能性があるからです。

私は突っ走ってしまうところがあります。しかし、最近は突っ走りそうになった時に、ひと呼吸おいて冷静になれるように変わりました。」など、その内容をプラスに転換しましょう。

 

面接で「性格」に関する質問をされた時の回答例文

性格に関する質問をされた時の回答例文を紹介します。ぜひ参考にしてください。

《回答例文》
私はよくバイト先の上司から「いつも笑顔で明るくポジティブで、お客様に良い印象を与えている」といわれいます。

バイト先では接客業をしていますので、仕事仲は笑顔を絶やさないように気を付けていますが、普段から笑顔を絶やさずポジティブだとよくいわれますので、性格そのものが接客態度に出ているようです。

時には失敗をして暗い気持ちになることもありますが、そんな時は学びのチャンスと考えて、すぐにハツラツとできるところも、私の性格の長所だと考えております。


まとめ

面接で性格に関する質問をされた時には、面接担当者の意図を理解した上で、適格に回答する必要があります。
聞かれる可能性が高い内容ですので、あらかじめ答えを用意しておいた方が無難です。

自分の性格を見つめ直すきっかけにもなりますので、ぜひ取り組みましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。