面接で「留年」を問われたとき、ピンチをチャンスに変える対処法(例文あり)

面接で「留年」を問われたとき、ピンチをチャンスに変える対処法(例文あり)

面接の質問対策

就活の面接で留年を問われることがありますよね。

就活生にとっては不利な要素ですが、適切に対応すれば、このピンチをチャンスに変えることもできます。

今回は、留年に関して問われた時の対処法を、例文も交えて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

面接官が留年に関する質問をするケースは少ない

就活では、留学していた人、大学受験で浪人していた人、など、年齢の異なる学生がエントリーしています。

企業側は、1年程度の年齢差を気にしていません。

但し、まれに聞いてくることもあります。

そのときに、きちんと答えられないと、大きなマイナス評価になります。

大切なことは、冷静に対応できるように答えを用意しておくことです。

 

面接官が留年について質問する理由

就職活動の面接で、面接官が留年について問いかけるのは、留年したことを攻めているわけでも、留年したことで採用しませんと暗に意味しているわけでもありません。

留年そのものよりも、留年した事情や、社会人としての資質を知りたいからです。

学業よりも優先しているものに打ち込んでいたのか、それとも単純に怠惰な生活を送っていたのか、同じ留年でもその中身は人それぞれです。面接官の意図を踏まえて採用試験に臨みましょう。

どんな事情があったのか知りたい

就職活動で留年を問われる理由の1つが、どんな事情があったのか知りたいからです。家庭の事情で大学に通っている場合でなかったとか、病気やケガをして留年したなど、人によって事情はさまざまです。

留学や海外に長期滞在して見聞を広げていたり、学業よりもインターンシップの仕事やボランティアに励んでいるケースもあります

。場合によっては、内定をもらった会社に納得ができず、新卒で就活をするためにわざと留年する学生もいます。

それらの特別な事情を、面接官は知りたいのです。もちろん、怠惰な生活が理由であれば、就活では不利となるでしょう。

 

留年の経験を活かせるか確認したい

意識が高い留年の理由でも、意識が低い留年の理由でも、留年の経験を活かせるか確認したいという意図もあります。

留年した結果が社会に出てから活かせなかったり、活かそうという心構えがない場合には、面接官に良い印象を与えることは困難です。

仮に留年が失敗だったとしても、失敗から学んでチャンスに変える姿勢が、社会人には求められています。

そのような前向きな思考をしているかどうか、面接官は問うていると考えておきましょう。

 

面接で「留年」を問われたときの回答のコツ

面接で「留年」を問われたときには、正直な所「痛い所を突かれた」と思うのではないでしょうか?

しかし、留年している場合には、確実に聞かれる内容だと想定して、事前に質問対策をしておくことが賢明です。

逆に、ぜひ留年について質問して欲しいと思えるくらい入念に質問対策をしておくと良いでしょう。面接で「留年」を問われたときの回答のコツを紹介します。

 

留年した理由を正直に話す

留年した理由は正直に答えましょう。変に取りつくろったとしても、社会経験豊富な面接官であれば簡単にウソを見抜いてしまいます。

プライバシーの面でいいたくないことがあれば、いえる範囲で答えれば理解をしめしてもらえるでしょうから、可能な限り真摯に回答することをおすすめします。

 

今後の行動に対する前向きな姿勢を示す

万一、怠惰な生活だったために留年した場合は、一旦正直に話したあと、今後行動を改める熱意を伝えましょう。熱意だけでは根拠に乏しいので、そのために既に取り組み始めていることを添えると効果的です。

たとえば「留年した分の学費を親に返すためにアルバイトに励んでる」「留年中に勉強し始めた資格試験を受験する」など、具体的に回答すると良いでしょう。

 

面接で「留年」を問われたときの回答例文

具体的に留年を問われた場合の回答例文を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

《留年を問われた時の回答例文》
アルバイトに熱中しておりましたので、正直学業がおろそかになっておりました。ただし、学生は学業が本業ですから、言い訳にはならないと反省しております。

学費を出してくれた親にも申し訳ないと思い、現在はアルバイトは続けながら学費を返し、単位も全て取得しています。留年の経験によって、アルバイトと学業の両立ができるようになり、自己管理のコツを覚えました。このことは社会人になってからも活かせると考えておりますので、留年経験を糧にして行きます。

まとめ

就職活動において、留年しているということは一般的に不利だと思われていますが、やむを得ない事情や、前向きな事情があった場合には、不利となるとは限りません。

逆に、怠惰な生活による留年の場合は、不利となる可能性が高いのですが、素直に認めて未来志向の話しをすると良いでしょう。いずれにせよ、留年経験を社会人生活で活かせると示すことが重要です。

■就職留年は就活に不利にならないって本当? もう一度同じ企業を受けられるの?

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。