面接で「5年後の自分」を問われたときの対処法

面接で「5年後の自分」を問われたときの対処法

面接の質問対策

就活の面接において「5年後の自分」を問われたとき、上手に答えられなかったという学生が多いようです。いきなり将来のことを問われても、対策なしでは、きちんと答えられないですよね?そこで、上手に回答する方法を例文とともに紹介します。

面接官が「5年後の自分」を問う4つの理由


面接官が「5年後の自分」を聞いてきた場合には、質問の意図を把握しているかどうかで、的確な回答ができるかの分岐点となります。質問の意図を把握していると、先回りして質問対策が打てるからです。まずは、面接官が質問してくる4つの理由を紹介します。

入社するかどうかの本音を探りたい

面接官が「5年後の自分」を問う理由として、入社するかどうかの本音を探りたいという思いがあります。就職活動中の学生は、数多くの企業を受験しているため、内定を出した場合に、本当に入社してくれるかというのは人事の心配事の1つです。

「5年後の自分」を問うことで、自社に入った後のことがイメージできていれば、本当に入社してくれるとみなすことができるため、暗に入社の意思を確認しているのです。

希望の仕事と合っているか確認したい

学生が考えている希望の仕事と、会社が学生に要求する仕事内容が合っているか確認したいという思いもあります。就活という限られた場での情報交換の中で、ひょっとすると学生は自社の仕事内容を勘違いしている可能性があります。

そこで、「5年後の自分」を聞くことで、学生がイメージしている自社の仕事と、実際の仕事内容に違いがないかを確認しているのです。

ビジョンを描ける人材か知りたい

ビジョンを描ける人材かどうかの確認の意味もあります。就職すると、その仕事内容にもよりますが、日々の仕事に追われ、目線が近いところに落ちてしまうことがあります。

目の前のことにとらわれ過ぎると、広い視野で仕事をすることができなくなるため、将来ビジョンを持って働くことはとても重要です。「5年後の自分」を問うと、将来的にビジョンを持てる人材かが分かるため、それを確かめる意味も想定しておきましょう。

長く働いてくれるか確かめたい

よりシンプルに、長く働いてくれる人材かどうかという確認の意味もあります。「5年後の自分」の回答が、リアリティーを持ってその会社で働いている姿であれば、きっと長く働いてくれるだろうとみなされる可能性があります。

その姿の臨場感が高ければ高いほど、長く働いてくれそうだと思われるでしょうから、面接官のイメージを掻き立てる具体性が必要です。

「5年後の自分」の質問を想定した対策

「5年後の自分」の質問を想定し、事前準備も重要です。質問にスンナリと回答するには予備知識も必要ですし、スムーズに答えられるスキルも必要です。この準備を怠ると、トンチンカンな回答をしてしまったり、しどろもどろの回答となってしまう可能性があるでしょう。

会社情報や仕事内容を入念に調べる

きっちりと回答するためには、下調べが大切です。受験している企業のことを知りもしないで、想像だけで回答をしてしまうと、実情に合わない回答となってしまうでしょう。

その結果、面接官に「来るつもりがない」と判断されかねませんので、しっかりと下調べをしておきましょう。

具体的には、会社情報や仕事内容を入念に調べる必要があります。仕事内容で分からない用語などがあれば、派生的に調べて、内容を把握しておく必要があります。

何度もロールプレイングをする

情報をインプットしても、面接の場でしっかりとアウトプットできなければ意味がありません。

聞かれたことに的確に答えるためには練習が必要です。

「5年後の自分」を問いかけられた時に堂々と答えられるよう、何度もロールプレイングをしておきましょう。

ただし、暗記したことを反復すると、本番の緊張でセリフのようになってしまったり、たどたどしい答えになってしまう可能性があります。

できればロールプレイングでは、同じ質問に対して毎回違う言い方で答える訓練をしておきましょう。

そうすることによって、本番に強い自分を作ることが可能です。

「5年後の自分」を問われたときの答え方のコツ

「5年後の自分」を問われたときの答え方について、もう少し実践的な対策を紹介します。

答え方のコツとしてしっかりと把握しておきましょう。

結論から話す

面接官の問いには、結論を端的に述べてから、具体的に話しましょう。

結論から話すことは効率良く意思を伝えることですので、面接ではぜひ意識しておいていただきたいです。

入社して会社員となった場合にも、結論から話すスキルは求められますので、就活だけでなく、日ごろから結論から話す癖をつけておいた方がよいでしょう。

5年後の自分から逆算した今の取り組み

5年後の自分の状態を伝えたあと、そのために現在どういう取り組みをしているのか話すことも効果的です。

「資格の勉強をしている」「本を読み漁っている」「5年後の自分の状態に近い人に会っている」など、さまざまな内容があります。

「5年後の自分の状態を伝えるだけでは単なる青写真に過ぎませんが、具体的な取り組みを既に始めているのであれば、5年後の自分は現実的な目標に変わります。

真実味も増しますので、既に始めていることを伝えると良いでしょう。

企業の業務とブレがないように意識する

企業の業務に即した回答をすることも心がけましょう。

時折、受験企業の業務と無関係な回答をする人がいます。

たとえばIT系の会社なのに、モノづくりをしているビジョンを話したり、仕事上の質問なのにプライベートの夢を話すケースがあるのです。

面接官は自社へ入社する人を選定するために面接しているので、その趣旨を理解した上で、回答する必要があります。

「5年後の自分」を問われたときの例文

ここまで「5年後の自分」を問われたときの対処法を紹介して来ましたが、具体的な例文を見た方がイメージしやすいかと思います。

あくまでも一例ではありますが、参考にしていただければと思います。

《回答例》
私は5年後、ソリューション営業に長けた営業マンとして、御社で活躍していたいと考えます。

私は大学のイベントサークルで、多くの人とコミニケーションを取ってきましたが、相手満足に立った視点でものごとを考える場合には、目的に付随する情報提供が効果的だと感じました。

御社の営業スタイルも、商品販売だけでなく、商品に関連した情報提供も行っておられるため、そのような顧客満足の視点に立てる営業マンになりたいと考えております。

現在営業スキルを磨くため、コミニケーションセミナーに10回以上出席しておりますので、営業現場で役立てたいと思っております。今後も積極的に営業に役立つセミナーに出席してまいります。

例文の解説

例文の構成では、冒頭に具体的な回答を結論から話しています。

その上で、どうしてその結論なのかの理由を説明しています。

こういう順番にすることで、言いたいことを最短距離で伝えることができる上、その後に相手を納得させる根拠を示すことが可能です。

そして、最後は「5年後の自分」を達成するために、現在どのような取組をしているかを伝えています。

具体的に示すために「セミナーに10回以上」と数字を入れているところもポイントです。


まとめ

「5年後の自分」を問われたときには、質問の主旨と、その会社の業務に合った回答をする必要があります。それらからブレた回答をしてしまえば、入社の意思がないとみなされたり、将来のビジョンを描ける人材ではないと判断されかねません。

ここで紹介した対策を理解した上で、的確な回答ができるように、会社の下調べと回答の練習を入念に行いましょう。

面接で良く出る質問をまとめました。参照にしてください

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。