面接で学部や学科について質問されたときの答え方(例文あり)

面接で学部や学科について質問されたときの答え方(例文あり)

面接の質問対策

就職活動の面接で、学部を選んだ理由を聞かれることがあります。明確に意図がある場合や、中には、合格した大学、学部学科の中で一番、評判や偏差値が良かったから・・・という人もいるでしょう。今回は、面接で学部を選んだ理由に関して問われたときの考え方や応対の仕方を解説します。

 

1.採用面接で学部を選んだ理由を尋ねる意図は?

学部の名称が特徴的な場合

特異な名称の学科や、専門性の高い学科の場合、聞かれることが多いでしょう。

採用担当者からしたらば、聞いたことのない学科は、興味の対象です。特に採用担当ならば、今の大学、学生はどのような勉強をしているのかトレンドをつかんでおくことも重要な仕事です。

まずは、興味本位での質問と見て良いでしょう。しかし、就活生側は「いつも聞かれるし、どうせ興味本位だろ」というような考えは持たないようにしましょう。

せっかく興味を持ってもらった以上は、最大限に自己アピールして、面接官の印象に残るようにしましょう。

 

一般的な学部の場合

就職活動の場では、一般的な学部に所属している学生に対してもこのような質問をする場合があります。明確な意図を持って大学に進む学生もいますが、多くは、合格した中で一番、条件が良いから選んだ学生も多いでしょう。

面接官もそこは理解しています。ここでの質問の応対で問われていることは、立派な目的を話すことではありません。

 

2.質問に答えるポイント

では、どのように質問に答えれば良いのでしょうか?

特に目的なく学部を選んだ場合

高校時代から将来の仕事を決めて学部を選ぶ学生は、多くはないでしょう。

「なんとなく・・・」「合格した中で一番、偏差値が高かったから」「就職に有利そうだから」「通いやすいから」など、さまざまな要因があると思います。

この場合、正直に話すことです。採用担当者も、多くの学生が強い目標を持って学部を選んだとは思っていません。

ただし、「とりあえず一番、有名な大学にした!」ではダメです。メッセージの伝え方が重要です。

以下の例文のように言葉を変えて伝えるとよいでしょう。

高校時代の自分は、将来何をしたいのかビジョンはありませんでした。

可能性を広げるられると考えて、一番条件の良い学部を選びました。

そして、経営学の授業を受けているうちにマーケティングに興味を持ちました

新商品のプロモーション案を考える授業が楽しみで

商品をいかに販売するのかを考えることを仕事にしたいと思いました。

ポイントとして

勉強している学部の魅力を語る。

志望動機につなげる。

仕事に活かしたい気持ち述べる。

これらを簡潔に分かりやすく表現することが大切です。

 

学部と志望職種が違う場合

専攻している学部と全く違う業種の仕事を選んだ場合、「なぜ志望した学部と違う道に進もうと思ったのか」という質問への対策も必要です。

これも、大学に入って、学んだことからの気持ちの変化を告げましょう。

例として

西洋美術に興味があり芸術学部を専攻しました。

勉強の中で、アートに関わる仕事をしている人たちと触れ合う中で、

アートが、人の心を動かし、それが購買行動に繋がることを学びました。

私自信も学んだ知識を、市場に活かしたい気持ちが強くなっていきました。

芸術が人の心を動かす。これを商品マーケティングに活かしたいと思っています。

最初に選んだ学部から何を学び今のやりたいことに気持ちが変化したのかを伝えられるといいです。

何故、教師の道に進まなかったのか?

教育学部から一般就職される就活生も多いのではないかと思います。

面接官も、「教育者」という素晴らしい職を選らばずに、自社を志望した理由は興味があります。

「何故、教師ではないか?」への答え方の例を記載します。

これも、基本は大学に入って、学んだことからの気持ちの変化を告げましょう。

表現として大切なことは、「教育実習で向いていないと思った」などの

ネガティブな理由で「教師をしたくない」と思われないようしましょう。

はい、憧れている先生がいて、教員を志しました。

教育実習でもやりがいも感じました。

しかし、さまざまな人と出会った中で、

特に●●の経験から、●●に強い興味を持ち、

教員よりも自分はこの世界にチャレンジしたいと思いました。

 

まとめ

面接で何故その学部を選んだのかを聞かれたときに、以下の展開で話しましょう。

勉強している学部の魅力を語る。

志望動機につなげる。

仕事に活かしたい気持ち述べる。

特段に選んだ理由がない場合でも、正直に話しましょう。但し、伝え方に気をつけて、ネガティブなイメージに捉えられないようにしましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。