OB訪問~待ち合わせ場所からお礼まで、抑えておくべきマナー

OB訪問~待ち合わせ場所からお礼まで、抑えておくべきマナー

OB訪問

就職活動のOB訪問。
準備や待ち合わせの場所、仕方、など、忙しい中時間をつかってくれる先輩に対して、マナー違反があっては失礼ですよね。
社会人と学生では、感覚が違う部分があり、思わぬところで無礼を働いてしまう可能性もあります。
今回はOB、OG訪問のマナーに関して、まとめました。良い印象でOB訪問を終え内定に近づけましょう。

■就職活動のOB訪問、依頼からお礼まで、流れを開設(まとめ)

1.OB訪問の事前準備をしましょう


OB訪問前からもう事は始まっています。あなたのOB訪問が決まったら会社のことを調べましょう。会社がどんな事業をやっているのか、どんな製品があるのか、また仕事内容(ここでは営業職のみでOKです)なのか、などHPやリクルートサイト、また業界内容などのデータにも一通り目を通しておきましょう。

そして、何よりも大切なのは、自分の自己紹介やエントリーシートを用意して、先輩にアドバイスをもらうことが重要です。
OB訪問を有意義にするためにも先輩への質問を整理しましょう。

 

■OB訪問で準備をしておくべき質問集

 

2.OB訪問の待ち合わせ場所は?

大きく二つに分かれます。勤務先の社内と、会社の外などの喫茶店(カフェ)や飲食店です。

基本的には、OBが指定する場所へ、こちらから訪れることが基本となります。

初めてお会いする方なので、お互いの連絡電話番号や場所などはメールできちんと確認しておきましょう。

また、夜の飲食店、居酒屋などを指定された場合は、常識からはずれていると考えて良いです。

OB訪問の趣旨に沿わない可能性がありますので、丁寧に都合が悪い旨伝え、リスケしましょう。

 

3.OB訪問の待ち合わせのマナー

待ち合わせにおいて、遅刻は絶対厳禁です。社会人として時間厳守は絶対的なマナーです。

まず、意識して欲しいのは学生とは時間の感覚が違います。できる会社員ほど時間を大切に思っています。
「5分遅刻することは、相手の人生を5分奪うこと」です。これを肝に銘じてください。

また、「待ち合わせの時間に間に合えば良い」というわけではありません。
最低でも10分以上前に到着するように行動してください。たとえ、約束の時間前でも、相手が先に到着していたらば「お待たせしてすいません」ときちんとお詫びをしましょう。

また、先輩にお会いした際は、最初に「○○大学の●●です。本日はよろしくお願いします」としっかり目を見てハキハキと初見の挨拶をする事を心がけましょう。

 

4.名刺の扱いに関して、就活生が気づかないマナー違反

最初の挨拶の際、OB訪問を担当してくれる先輩は名刺を渡していただけると思います。このとき名刺は両手で丁寧に受け取りましょう。また、受け取る際は、相手の表情をみながら、笑顔で受け取りましょう。

ここまで、できる就活生は多いですが、大切なのはこれからです。
よく見られるのは、丁寧に名刺を受け取ることはできるのですが、その後、安心して名刺を雑に扱う学生です。

名刺に対する感覚は、学生と社会人では大きく異なります。名刺はその人の分身です。そのつもりで丁寧に扱いましょう。

いきなり、財布に入れたりポケットに入れたり、名刺いれに入れたりしてはいけません。

もらった名刺は、テーブルに丁寧におきましょう。斜めにおいたりせず、きちんと揃えておく。

面接が終わった後に、丁寧に名刺入れにいれましょう。

 

5.OB訪問の食事の際のマナー

食事をしながらなのか、喫茶店(カフェ)でコーヒーを飲みながらなのかは状況によりますが、基本は「下座」に座りましょう。「下座」とは入口に近いほうの席です。できれば注文は先輩と同じものが良いですが、嫌いなものを無理やり頼む必要もないので臨機応変に対応しましょう。

もし、自分の頼んだものが先に来た場合は、OBが「召し上がれ」や「どうぞ」と言われるまで手を付けないということも気を付けましょう。

 

6.OB訪問の質問のポイント

OB訪問の目的は、その会社の内定を獲ることです。
会社の待遇や雰囲気は、ネットで調べれば、ある程度は分かりますし、入社する、しないは、内定をもらってから決めれば良いことで、優先度は高くありません。

OB訪問の質問は、面接や採用試験の情報、エントリーシートの書き方、自己PRや志望動機のネタを集めることに焦点をしぼりましょう。

また、相手の目を見ながら話し、話してくれている内容については適度に相槌を打ちましょう。気持ちよく話をしてもらう雰囲気を作れるよう頑張りましょう。

 

■OB訪問での良い質問、悪い質問はこちらの記事を参照

 

7.OB訪問が終わったら

OB訪問が終わったらお礼メールを可及的速やかに送りましょう。遅くとも24時間以内が良いでしょう。
以下に例文を記載します。

 

件名:本日のOB訪問のお礼

○○株式会社
○○部○○課主任
二階堂ふみ 様

○○大学○○学部○○学科 佐藤健
本日はお忙しい中、お時間を割いていただき、誠にありがとうございました。

〇〇様からお聞きした〇〇職のやりがいなどお聞きして、改めて貴社へ入社したいという気持ちが強くなりました。
特に〇〇についてのお話などは、とても参考になりました。今後は更に企業研究を続け、入社できるよう、頑張ってまいります。

また、ご相談させていただくこともあるかもしれませんが、
その際はご指導のほど、よろしくお願いいたします。

本日は、本当にありがとうございました。

○○大学○○学部○○学科
佐藤 健
メールアドレス:
携帯電話:
郵便番号:
住所:○○県○○市○○○

 

■OB訪問のお礼メールの書き方、注意点はこちら

 

8.敬語に関するマナー

敬語は完璧にできればベストです。でも、実際、社会人経験の長い人でも完璧に使いこなせる人は少ないことが現実です。

OBも学生に対して完璧な敬語は期待していません。

間違っても気にせずに、恐れずに話しをしましょう。

敬語を使う努力をしている姿勢があれば、先輩は理解をしてくれます。


まとめ

新卒の就活生がOB・OG訪問の基本的なマナーを紹介しました。

時間に対する感覚や名刺に関しては学生と大きく意識が違います。注意をしてください。

就活をきっかけにしっかりおぼえて、相手に良い印象を持ってもらえる対応を心がけてください。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。